2009/06/07 馬券成績+「安田記念」回顧

●購入レース
中京8、10R
東京11R
計3レース

東京での5週連続G1の最後は安田記念。
今年はウオッカ、ディープスカイという2頭のダービー馬が出走。
それにしても2頭のダービー馬が春の天皇賞ではなく安田記念で激突するとは
時代も変わってしまったものですなぁ。

今日は重馬場でスタートした東京競馬ですが、安田記念の頃にはすっかり良馬場に。
先週とはうって変わってよい馬場状態で競馬が行われました。

●安田記念 結果
1着 ◎ウオッカ
2着 ▲ディープスカイ
3着 △ファリダット
7着 ○スーパーホーネット

ウオッカがディープスカイをゴール寸前で強襲して、G1を6勝目。
・・・ってか、あの競馬はなんなんだ?(笑)
前半4Fが45.3というハイペースだったので、中段に控えたのは良い判断でしたが、
4コーナーを回ってどこに出すかと思ったら終始馬群に包まれたまま。
普通ならあれでジエンドになるはずですが、最後の1ハロンでようやく前が開いてからは
一瞬で伸びてきてあっという間にディープスカイを交わしてしまいました。
ウオッカは勝った6つのG1で毎回インパクトのある勝ち方をしますが、
ヴィクトリアマイルの7馬身差もすごいですが、今日の内容にはまた驚きました。
ま、勝ったから良かったものの・・・というレース内容ではありましたが(笑)。

ディープスカイは久々のマイル戦でしたが問題はありませんでしたね。
というかあれで負けたのであれば相手が悪かったとしか言いようがありません。
四位騎手は今年はレッドディザイアでの2戦といい今回といい、
普通なら勝ったと思うようなレースを3度も差されているので、ツキがありませんね。
ファリダットは道中最後方からの競馬でしたが、ハイペースだったのに助けられた感はあります。
しかしウオッカが抜け出せないのをずっと見ていたので、
いつの間に上がってきたのか分かりませんでした。

カンパニーは大外をついて上がってきましたが、またしても4着。
G1でここまで華麗に4着を繰り返すのはもはや伝統芸の域にも感じますが(笑)、
でも8歳でここまで走れるだけでもすごいのかもしれませんが・・・
スーパーホーネットは伸びあぐねて7着。
特に問題なくスムーズに追走できていたと思いますし、何がダメだったんでしょう?
でも今日のレースを見ている限りでは、G1制覇はできないまま終わりそうな気もしますね・・・


●今日の当たり馬券
東京11R(安田記念)3連複3-4-6(ウオッカ-ファリダット-ディープスカイ)41.0倍

●収支
投資:2200円
払戻:4100円
収支:+1900円

いちおう押さえで最後に付け足した100円分が当たって勝てましたが、
ウオッカ-スーパーホーネットの馬単折り返しとワイドと1500円分買って勝負したので、
気持ち的には「馬券に勝って勝負に負けた」ってところでしょうか。
うーん、プラス収支なのにこのスッキリしなさ感はなんなんでしょう・・・?
先週のダービーは大敗でも悔い無しの気持ちだったのに。
・・・競馬ってほんと難しいものですね♪(←なんか違う)
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-07 21:58 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31