時代が奈良に追いついたのか?

<みんなのニュース>「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気 (毎日新聞)

・・・ってか、単に仏像人気って伝えるだけじゃダメなのか?
アシュラーとか、ネーミングが無理やりすぎるでしょ(苦笑)。
そんな言葉、耳にしたことがありませんし、
ためしに「アシュラー 阿修羅」でググってみても
この記事に関するツッコミがほとんどでした(笑)。
アムラー見たいに何でもラーを付けりゃいいってもんじゃないでしょうに。

それにしてもアシュラーに仏像ガールですか。
そんなのでいいのだったら、奈良県では1300年くらい前にはすでにブームだったわけですな。
ようやく時代が奈良に追いついたってことですね、わかります。
奈良という地はアシュラーにとっては夢のような場所なんでしょうね、きっと。

ところで仏像ガールって名前も大概ひどいですが、
このネーミングを見たとき、昨日読んだこちらのキャラを想像してしまいました。

“せんとくんの恋人”のマスコット、名前は「蓮花ちゃん」に (産経新聞)

せんとくん(≒仏像)の恋人(≒ガール)の蓮花ちゃん。
この蓮花ちゃんは仏像ではなく実在した姫がモチーフにされているそうですけど、
仏像ガールと聞いて、なんとなくこっちを連想してしまいました。

というかね、奈良県人から言わせてもらうと、この蓮花ちゃん、ちょっとずるい。
ずるいのは蓮花ちゃんじゃなくて、葛城市のほうですが。
だいたいせんとくんは国も絡んでいる一大イベントのマスコットキャラクターなのに対し、
蓮花ちゃんは単なる一地方自治体のキャラクターにすぎないのに、
いきなり知名度抜群のせんとくんに絡んでいくなんて売名行為もいいとこです。
葛城市だけが抜け駆けしたような形になってしまって、
これでは県内の他の市町村にとってはいい気分ではないでしょうね。

ま、それは、今後どうなるかは見守っていくとして、
最後に、この記事の最後の一文にツッコミを。

「せんとくん」にラブレターを手渡し、当麻寺でのデートを実現させるなど、なかなか積極的な蓮花ちゃん。猛アタックにやや戸惑い気味で、“草食男子”と噂されるせんとくんとの恋仲の行方にも注目だ。

せんとくんがいつ“草食男子”って噂されたのかは知りませんが、
そもそも仏像と鹿から連想して作られたキャラクターが“肉食男子”だったら
そっちのほうが問題なんですけど(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-17 22:14 | 時事/ニュース
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31