6/10(日) 中京競馬場参戦日記 その3 ~芝コース開放編~

さて、先週日曜の中京競馬参戦日記の最終回。
この日は春の中京開催の最終日だったため、最終レース終了後、
芝コースの馬場開放が行われましたので、そのレポートを。

メインレースが始まるくらいまでそのことはまったく頭に無く、
ターフビジョンに開放のお知らせが出て、初めて知りました。
しかし今回は、ゴール板付近から1コーナー付近までの狭い範囲しか歩けません。

芝コース開放といえば、4年前の春の京都開催最終日に参加したことがあり、
そのときはちゃんと芝コース1周を歩くことができました。
最近の芝開放は1周歩けるところが無いことを思えば、
淀の坂超えを体験できたり、今となっては貴重な体験ができたのだなと改めて思います。
当時はデジカメもカメラつき携帯も持っていなかったことが実に悔やまれます。

今回は歩ける範囲こそは狭いものの、こんな時期の中京に来ることも
これからもなかなかできないだろうし、貴重な体験には変わりはありませんので、
中京バカの名にかけて参加しない手はありません(笑)。
何枚かアップしました。



↓ゴール板のドアップ。
 Bコース使用のため、内ラチは3mほど外側に敷かれています。
b0019221_19131282.jpg

↓ゴール板付近から4コーナー方面。
 しかし改めて見ると、いかにも競馬日和の好天って感じですね。
 午前中の大雨はいったい何だったんだ?(笑)
b0019221_19132791.jpg

内ラチ沿いと外ラチ沿いの馬場状態の比較。
↓まずは内ラチ沿い。
b0019221_19134017.jpg

↓外ラチ沿い。
b0019221_19135020.jpg

内ラチ沿いは土がむき出しになるくらいボコボコしているのに対し、
外ラチ沿いは芝が生え揃っていてフカフカしているのが見て取れます。
そりゃ完全に外差し馬場になるわけですね。
ずっとコーナーを外を走れば30~50mくらいロスがあるかもしれませんが、
この馬場状態なら内と外で2~3秒くらいの差がつきそうなので、
馬場の7分どころの大外にぶん回しても届くわけです。

メインレース時点で芝コースは重発表でしたが、
歩いてみて、やはりレース前に感じていたように回復傾向にあるように感じ取れました。
ぜんぜんすべるような感じはしませんでした。
(メインレースから1時間経過しているというのもありますが)
回復傾向にあるときはJRA発表からワンランク良い馬場で考えていいのかも?
逆に悪化傾向にあるときはワンランク悪い馬場で考える必要がありそうで、
要は何が言いたいかというと、JRAのやることは
何でもワンテンポ遅いということです(爆)。

↓最後は、ウイナーズサークルと地下馬道を。
b0019221_1914488.jpg

本来ならファニーブライドかデルフィーネがここに立ってから
地下に引き上げていく予定だったんですがね(←激しい妄想)
それはともかく、いつの日か私もこの場所に立ってみたいものであります。
[PR]

by anden25138303 | 2007-06-17 19:19 | 競馬(ニュース/その他)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30