【特別編】11/23(金)笠松競馬観戦記+馬券成績

●購入レース
笠松1~10R
計10レース

エリザベス女王杯の日に、ひょんなことから急遽決まった(その場の勢いともいう)
11/23勤労感謝の日に開催している笠松競馬参戦。
そんな笠松競馬場についにやってまいりました。
b0019221_19493360.jpg

地方競馬参戦は、JBC当日の名古屋競馬、GW中の園田競馬に続いて3場目。
今まで過去2回は勝てずに終了しています。
今回も勝って終了できるとはとても思えませんが、全レースに勝負。
そういえば、場外発売の水沢競馬のメインレースも発売していましたが、
向こうは不良馬場だったので、さすがに手を出す勇気がありませんでした(笑)。

さて、まずは馬券成績から、その後に笠松競馬場内の様子を紹介してみたいと思います。


●本日の当たり馬券
笠松3R(正敏&倫子ご結婚おめでとう:C級23組)3連複1-4-5(ジョリーレイジ-ヘリオドール-ロードコネクト)3.8倍
笠松5R(祝!裕子さん四十路記念:C級21組)3連複3-4-5(シャドウブーケ-ローリエカルラ-レディプリンセス)9.8倍
笠松6R(C級20組)単勝6(ペチアーティスト)4.1倍
笠松7R(C級19組)単勝7(クラダイナー)4.0倍
  
●収支
投資:3400円
払戻:2170円
収支:-1230円

地方競馬場でのプラス収支の道は遠そうです。
途中で3連勝したときはいい感じだったんですが、
その後調子に乗って3連単を買ったのがまずかったか。
最終Rのシルクジャスティス産駒→エイシンワシントン産駒で決まったレースは
3連単じゃなければ獲れそうだっただけにもったいなかったなあ・・・
ま、オケラじゃなかったとするだけ良かったとするか。

-----
さてここからは、笠松競馬場内の様子を、撮ってきた写真で振り返ります。
あいにくデジカメは持っていっていなかったので、携帯のカメラでの撮影になりました。
デジカメより写りが悪いのは仕方がないにしても、天気が良すぎて逆光の中、
撮影するのに苦労しましたが、思ったよりまともに取れていました。



b0019221_19503840.jpg

↑本馬場の様子。
地方競馬はこの近い距離感がいいんですよね。
本馬場が近いということは、それだけ馬が間近で見られるということです。
↓スタート直後の先行争いの様子。
b0019221_19515181.jpg

↓返し馬の様子。
b0019221_1952128.jpg

ちなみにこの馬の鞍上は、昨年のWSJSに出場し1勝をあげた浜口楠彦騎手です。
この日は1勝して、人気薄の馬を2回馬券圏内に連れてきていました。

↓そして一風変わっているのがパドック。
b0019221_19521231.jpg

内馬場にパドックがあります(笑)。
ダートコースを挟んでパドックを見ることになるので、結構見にくかったりします。
何でこういう設計になっているのでしょう・・・?謎です。
b0019221_19522536.jpg

↑表彰式の様子
本日のメインレースを勝ち、これが通算2300勝のメモリアルとなった向山牧騎手です。
偶然来た日にこういう場面に遭遇できたのはラッキーだったかも。
このレースの馬券は3連単1→3→2着で外れたんですが・・・


ここからは小ネタ集のコーナー
b0019221_19523878.jpg

↑笠松競馬で初的中となった馬券です。
1番人気が来て3.8倍しかありませんでしたが当たることが大事です。
それもこれも正敏さんと倫子さんのおかげです(笑)。
ありがとうございました。そしてご結婚おめでとうございます!
b0019221_19525085.jpg

↑笠松競馬所属騎手の一覧です。
今ではもう16人しかいないんですね。
かつては安藤勝己騎手もこの中に混ざっていたことと思われます。
b0019221_1953716.jpg

↑笠松が生んだ名馬、オグリキャップの銅像です。
b0019221_19532156.jpg

↑地方競馬といえばおなじみなのが予想屋コーナー。
この大統領という屋号は、たしか名古屋競馬にもあったと思いますが、
(というかどっちも写真に収めましたが(笑))
どちらも同じ人がやっているんでしょうかね??

笠松競馬場にも競馬グッズ売り場がありました。
まず1番最初に目にしたのが
「シルクジャスティスぬいぐるみ 300円」
なぜシルクジャスティス??
そのほかにはラスカルスズカ、ザッツザプレンティ、チアズグレイスなど、
どう考えてもJRAで売れ残ったものが回ってきたようなラインナップ(笑)。
そしてそんな素敵なグッズ売り場で一際異色を放っていたのがこちら↓
b0019221_19533615.jpg

↑笠松競馬の馬糞 ボロちゃん
謎です。激しく謎です。
多分肥料にでもなるから売り物になっているんでしょうけど、
何でも商売に結びつけるその心意気は大切です(意味不明)

さて、このグッズ売り場では結局何も買いませんでしたが、
遊び心から、1回300円で引けるクジとやらに挑戦してきました。
で、当たったのがこちら↓
b0019221_19535739.jpg

↑ティッシュカバーでした。
多分JRAのグッズ売り場で買えば300円以上はすると思うので、
お得といえばお得なんでしょうけど、別にほしいものではないので、何とも微妙。
せっかくなのでいちおう使ってはみましたが・・・

b0019221_19541720.jpg

↑本日、入場先着500名様に配られたラッキーカード。
競馬場には1Rの発走30分前くらいに入りましたが、余裕でもらえました。
ちなみに100名様に「日高昆布」が当たるらしいですが(笑)、
残念ながらハズれてしまいました。
当たればネタ的にかなりおいしかったのですが・・・

で、もう1つのプレゼントがこれ↓
b0019221_19542744.jpg

↑サラミソーセージをもらいました(笑)。
これはこの日のメインレース「畜産フェア特別」のスポンサーである、
岐阜県馬事畜産振興協議会様提供のプレゼントで、先着700名に配られました。
こういうところが地方色豊かで何ともいい味を出していますね。
家に帰ってからおいしくいただきました。

なお、11/27の笠松競馬では先着500名に「キャベツ」プレゼントがあるらしいので
キャベツのほしい人はぜひ行ってみてはどうでしょうか?(笑)

-----
最後にちょっとしたまとめを。

今回の笠松競馬参戦はJBCのときの名古屋競馬と違い、
本当の地方競馬の雰囲気を味わえたので、いろいろと楽しい1日を過ごしました。

しかしながらそれと同時に、地方競馬の台所事情の厳しさも痛感しました。
締め切り5分前のオッズでも1票も入っていない組み合わせの馬券が多数ありましたし、
次の日のスポーツ新聞で確認したところ、祝日にもかかわらず
入場者数は1800人、1日の売り上げが1億円を切っていました。
プレゼントなんかにしても、何とかして1人でもリピーターを増やそうとしての、
笠松競馬としてできる範囲での策なのでしょう。

しかし肝心の馬はといえば、中央の未勝利戦を着外で負けているような馬ばかり、
この日のメインレースを5馬身差の圧勝をしたのが、中央の未勝利戦で3着に負けて
中央で出るレースが無くなり、笠松に流れてきた馬。
馬のレベルとしては中央とは比較にならないので、どうしても客が来なくなり
だんだんと売り上げが落ちていき、厳しい状況に追い込まれるのでしょうね。
そんな環境下で登場したオグリキャップや、最近ではミツアキタービンなどは、
こういう環境を実際に見ていると、いかにこれらの馬がすごいのかが少しは分かりました。

地方競馬の閉鎖が増えている中、何としてでも存続してほしいというのは簡単ですが、
現実を目にするとなかなかそうも言えないような雰囲気にも思いました。
私自身は見守ることしかできませんが、チャンスがあればまた笠松に行ってみたいですし、
まだ行っていない地方競馬場にも足を運んでみたいなと思いました。
レースを間近で見られるのは迫力があっていいものですよ。
[PR]

by anden25138303 | 2007-11-25 19:55 | 競馬(ニュース/その他)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30