2007年 08月 26日 ( 1 )


8/26(日)重賞レース回顧

●購入レース
なし

馬インフルエンザによって1週間休みになっていた競馬ですが、今週から再開。
しかし私のほうはしばらく再開の目処は立っていませんので(笑)、
今週は重賞レースの回顧だけ。

●新潟記念 結果
1着 ユメノシルシ
2着 トウショウヴォイス
3着 ヤマニンアラバスタ

2番人気のユメノシルシが重賞初制覇。
トップガンジョーがややかかり気味にハイペースを作る中を3番手くらいを追走。早め先頭から、最後は1/2馬身まで差を詰められましたが、セーフティーリードを守りきりました。この馬自身は早い上がりが使えないので、七夕賞のように差してくるような競馬よりはハイペースで後続に脚を使わしての粘り込みという今回のスタイルが一番あっていそうです。

2着争いには、後方から差してきたトウショウヴォイスとヤマニンアラバスタ。1番人気のアドマイヤモナークはメンバー中最速の上がりを使っているも6着敗退。4コーナーでもまだ先頭から15馬身くらい後方にいたので、いくら33秒台の脚を使ってもこれでは前に届きませんね。

●キーンランドカップ 結果
1着 クーヴェルチュール
2着 アグネスラズベリ
3着 ワイルドシャウト

3歳牝馬のクーヴェルチュールが4角先頭から51キロの軽量を生かしそのまま押し切りました。前走のアイビスサマーダッシュでも不利な内枠から出て、差し-差しの決着ながら前で粘っていたように、平坦1200mまでなら確実に走りますね。しかしこれまでの好走が51キロ以下なので、これから斤量が重くなってきたときにどうなるかってところでしょうか。

ちなみにサマースプリントシリーズは今回2着のアグネスラズベリが1位で、1P差でクーヴェルチュールが2位。総合優勝するためにはセントウルSに出て5着以内に入らないといけなくなりましたが、昨年のシーイズトウショウみたいにスプリンターズSを捨ててまで参戦してくるんでしょうか?(笑) またサマージョッキーズシリーズは今回2着の角田騎手がかなり優勝に近づきましたが、これにより今年のWSJSに出てくることになるので、これはこれである意味楽しみでもあります。
[PR]

by anden25138303 | 2007-08-26 19:26 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー