2007年 09月 23日 ( 1 )


9/23(日)の馬券成績+重賞レース回顧

●購入レース
阪神8、10R
中山11R
札幌10R
計4レース

今日の阪神のメインは今年から2400mになった神戸新聞杯。
阪神の2400mでの重賞はこのレースだけです。
特に阪神の外回りコースは、力どおりに決着するレースが多いので
レースの舞台としてはちょうど良いのではないでしょうか。
人気は春の実績馬3頭に集まりましたが、馬券的にどれを信頼していいか
いまいち決めづらかったのでこのレースは回避。

ところで今日は3時から放送の競馬中継は、全国的に3時半からの短縮版でした。
自民党総裁決定の特番を放送していたためですが、
開票する前から結果が確定しているような内容のもの、
しかも首相ではなく単なる1政党の総裁を決めるだけのもの、
わざわざ放送する意味があるのかな?
しかも見ている我々には投票権の無い選挙なんだし。
我々に投票権の無いレースより、我々にも(勝馬)投票券のあるレースを中継してください。

急にこの特番が決まったせいか、普段は3時から4時までは1時間の休憩(笑)の
KBS京都でも中継が無かったし、BSフジは今週はスーパー競馬だったので
結局阪神10Rは見ることができず(その代わり普段見れない中山10Rを見てました)。
せっかく9歳馬のイセノイチが勝つというビックリするようなレースだったのに・・・

ちなみに来週はF1中継のため3時15分からだって。
・・・競馬中継に対するやる気を疑ってしまいますな。

●神戸新聞杯 結果
1着 ドリームジャーニー
2着 アサクサキングス
3着 ヴィクトリー

道中後方を進んでいた3番人気のドリームジャーニーが大外から伸びて、朝日杯FS以来の勝利を収めました。
展開もやや縦長でよどみの無いペースだったこと、阪神の外回りコースにしてはレースの上がりが35秒台とかかっていたため届いたっていうのもあるでしょうが、2~4着は先行馬が占めたところを見ると、決して展開の有利だけではないようにも見えます。それにしても武豊騎手は阪神の外回りコースはほとんどのレースで馬券に絡んでくるイメージがありますが、完全にこのコースを手の内に入れているような感じです。阪神外回りは上がりの早いレースが多いので、自分の騎乗スタイルにマッチするんでしょうね。

2着はアサクサキングス。今日は4番手くらいからでしたが4角先頭から最後までドリームジャーニーを苦しめました。自分の競馬スタイルに持ち込めたら相変わらずしぶといようです。ヴィクトリーはその直後の5番手からでしたが、追い出しをギリギリまで待って、本番に向けての脚を図るレースをしたような感じです。結果的に前のアサクサキングスを捕らえられず上がり勝負には向かないということがハッキリしたので、本番ではそれを意識したような競馬をしそうです。1番人気フサイチホウオーは12着惨敗。レースを見直しても別に不利らしい不利もないし、手ごたえがありそうな感じで4コーナーを回ってきたのにいざ追ってみれば全く伸びず。不可解な負け方ではありますが、この惨敗では言い訳もできそうに無く、早くも本番は圏外に消えたような感じですね。

さて、これで菊花賞に向けて主要なレースがすべて終わりましたが・・・、今年の菊花賞は難解になりそうです。まず朝日杯の勝ち馬が2400mのトライアルを勝った時点でどう扱っていいか分からなくなりました(笑)。フサイチホウオーもあんな結果に終わったし、あとはアサクサキングス、ヴィクトリーにしても、セントライト記念のロックドゥカンブにしても、オールカマーに出たサンツェッペリンにしても、4角先頭から粘りこみたいクチの馬が揃ったので展開を考えるだけでも難しそうです。

●産経賞オールカマー 結果
1着 マツリダゴッホ
2着 シルクネクサス
3着 エリモハリアー

1番人気のマツリダゴッホが人気に応えて重賞2勝目。
4角手前から先頭集団に並びかけ、4コーナーでは先頭から押し切るという、ちょうどAJCCを勝ったときのようなレース運びができたので結果に結びつけることができたのではないでしょうか。シルクネクサスは想像以上に抵抗しましたが惜しくも人馬ともに重賞初制覇なりませんでした。2年目の北村友一騎手もあと少しだったんですがね。

2番人気のサンツェッペリンは、4コーナーですでに手ごたえが怪しくなり9着敗退。この馬は馬インフルエンザで入厩が遅れた1頭ですがその影響が出たのかもしれませんし、春の頃からもともと休み明けのレースは走らなかったので、こんなものかもしれません。どちらにしてもこれで人気が落ちるでしょうから、馬券的には本番が面白いか。


●本日の当たり馬券
なし

●収支
投資:1000円
払戻:0円
収支:-1000円

昨日の時点では「見送るか」って書いてたのに
意志が弱いせいか買うからこんなことになるんだな・・・(泣)。

ただオールカマーは、4着のチェストウイングとマツリダゴッホとのワイドを持っていたので
熱くなれたのですがあと一歩届きませんでした。
ワイド40倍あったのになあ・・・

前2頭が抜け出し、3着争いはインから伸びてくる馬券を持っている人気薄の馬が
自身の掲示板予想で対抗に押した馬にジャマされ馬券をはずす。
って馬券的にはなんだか先週のセントライト記念のVTRを見ているような感じでした(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2007-09-23 22:23 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー