<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


帰ってきたG1ジョッキープレイ日記シリーズ 【2008編】 第1回 

最近はこれといったゲームも無くて、家にいても結構ヒマを持て余しています。
それならば、というわけでもありませんが、今月の初めくらいに
今さらながらG1ジョッキー4の2008を購入してしまいました。

G1ジョッキー4シリーズは、無印→2006、2006→2007では
データの更新以外にも細かな変更点がいくつかありましたが、
2007→2008はデータの更新以外の変更点が見当たりません。
ここまで変更点が無いのなら買わなくても良かったかなという気もしましたが、
どうせ他にしたいゲームも無いですし、直近の馬たちのデータに関しては、
2007よりは精度がよくなっているでしょうから、それなりには楽しめると思います。

2002年からスタートして、今は3年目の5月まで来ました。
NORMALでやっていると2年目で普通に200勝近くできてしまい、早くも飽き気味(ヲイ)。
せっかくなので何かもう少し張り合いのあるプレイをしたいとおもっていろいろ考えたところ、
1つの縛りプレイを考え付きました。

それは「牝馬にしか乗らない」プレイ。
当然牡馬クラシックも天皇賞春も牝馬で参戦することになります。
タイミング的には2005年クラシック組の2歳戦からスタートで、
その時点での古馬も含めた全レースで牝馬にしか乗らないでどれだけ勝てるか挑戦します。

2005年クラシック組といえば、そう、ディープインパクトの世代です。
牝馬ではラインクラフトやシーザリオの世代ですが、
さすがにこれらの馬ではディープに勝てるとは思えません。
そこで打倒ディープを目論んで、1頭の自家生産馬を投入します。
b0019221_22483261.jpg

そう、我らがキョウエイマーチの初年度産駒で一口馬だったヴィートマルシェです。
何を隠そう、ヴィートマルシェ自身も2005年のクラシック世代です!
デビューは3歳の8月と大きく出遅れましたけど・・・(笑)

能力値はMAXで92で、99のディープに比べると7ポイント劣りますが、
難易度NORMALならそれくらいの差ならなんとか逆転可能なレベルに思います。
最適距離が3000mで下限が2100mってのは微妙にミスったかもしれませんが、
なかなか思うようなパラメータにならなかったので妥協しました。
目標は当然牡馬3冠制覇です!
理想はディープの出走するレースにぶつけて、重賞未勝利で終わらせることです(笑)

とりあえず早く来年のクラシックを戦いたいので、
年末までは、リーディングジョッキーになれるくらいの勝利数にとどめ、
あとはほとんど騎乗せずにパスしていこうと思っています。
なので、牝馬限定騎乗は実質来年からということになります。
また随時報告していきますのでお楽しみに!?
果たしてどういうことになるのやら・・・?
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-24 22:50 | ゲーム

時代が奈良に追いついたのか?

<みんなのニュース>「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気 (毎日新聞)

・・・ってか、単に仏像人気って伝えるだけじゃダメなのか?
アシュラーとか、ネーミングが無理やりすぎるでしょ(苦笑)。
そんな言葉、耳にしたことがありませんし、
ためしに「アシュラー 阿修羅」でググってみても
この記事に関するツッコミがほとんどでした(笑)。
アムラー見たいに何でもラーを付けりゃいいってもんじゃないでしょうに。

それにしてもアシュラーに仏像ガールですか。
そんなのでいいのだったら、奈良県では1300年くらい前にはすでにブームだったわけですな。
ようやく時代が奈良に追いついたってことですね、わかります。
奈良という地はアシュラーにとっては夢のような場所なんでしょうね、きっと。

ところで仏像ガールって名前も大概ひどいですが、
このネーミングを見たとき、昨日読んだこちらのキャラを想像してしまいました。

“せんとくんの恋人”のマスコット、名前は「蓮花ちゃん」に (産経新聞)

せんとくん(≒仏像)の恋人(≒ガール)の蓮花ちゃん。
この蓮花ちゃんは仏像ではなく実在した姫がモチーフにされているそうですけど、
仏像ガールと聞いて、なんとなくこっちを連想してしまいました。

というかね、奈良県人から言わせてもらうと、この蓮花ちゃん、ちょっとずるい。
ずるいのは蓮花ちゃんじゃなくて、葛城市のほうですが。
だいたいせんとくんは国も絡んでいる一大イベントのマスコットキャラクターなのに対し、
蓮花ちゃんは単なる一地方自治体のキャラクターにすぎないのに、
いきなり知名度抜群のせんとくんに絡んでいくなんて売名行為もいいとこです。
葛城市だけが抜け駆けしたような形になってしまって、
これでは県内の他の市町村にとってはいい気分ではないでしょうね。

ま、それは、今後どうなるかは見守っていくとして、
最後に、この記事の最後の一文にツッコミを。

「せんとくん」にラブレターを手渡し、当麻寺でのデートを実現させるなど、なかなか積極的な蓮花ちゃん。猛アタックにやや戸惑い気味で、“草食男子”と噂されるせんとくんとの恋仲の行方にも注目だ。

せんとくんがいつ“草食男子”って噂されたのかは知りませんが、
そもそも仏像と鹿から連想して作られたキャラクターが“肉食男子”だったら
そっちのほうが問題なんですけど(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-17 22:14 | 時事/ニュース

センスの無いネタ

まずはこちらをご覧ください。
b0019221_20304599.jpg


これは普段私が愛用している扇子です。
これからの暑い時期、外出する際には重宝するアイテムです。
いたって普通のシンプルな何の変哲も無い一般的な扇子です。
しかし、こうなってしまってはどうでしょう。
b0019221_2030594.jpg


扇子の根元の支える「要」の部分がはずれてしまいました。
画面左にある黒っぽいネジのようなもので要を支えていたのですが、
今日使おうと思って取り出したときにこれが取れていました。
ということで扇子としての用を為さなくなってしまいました。

扇子がこういう状態になったのは初めてのことですが、
骨の部分はバラバラになるのですが、扇面の紙の貼ってある部分はつながっているので、
不安定ではありますがバラバラにはならずに生き残っています。
なので片手で持つとこんな感じになります。
b0019221_20311513.jpg


なんだか暖簾のようでもありますし、
この状態で上下にブランブランさせるとヨーヨーのようでもありますし。
また両手で左右に持って広げたり閉じたりすると、
アコーディオンのようでもあったり、南京玉すだれのようでもあったり・・・
扇子としての使い道は無くなりましたが、いろいろな用途になるものですね。

・・・早く新しいのを買いに行かなきゃな・・・orz
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-14 20:31 | 小ネタ

キャロット一口馬近況 Vol.77

現3歳世代は1頭しか持っていませんでしたが、
その1頭が皐月賞、ダービーに出走と大活躍をしてくれました。
ダービーが終われば早くも2歳馬が来年のクラシックを目指して始動しますが、
今回からは2歳馬の持ち馬の近況も伝えていこうかと思います。

なお、前々回の近況報告(Vol.75)のときに持とうかどうか迷っていた
「77 マイティーダンサーの07 」は結局勢いでポチッとクリックしちゃいました。
ということで2歳世代は2頭持つことになりました。


●トライアンフマーチ
ダービーから3日後の6/3にグリーンWへと放牧に出されました。
ダービーはいかにも疲れの残りそうなレースになったので、ゆっくり休んでください。
とはいっても、1週間程度で疲れはだいぶ取れているようで、
さっそく近いうちに乗り運動や調教を再開するそうです。

秋はどの路線を向かうかはまだ分かりませんが、
予想としては神戸新聞杯を使って長い距離が向くかどうかを見極めてから
菊花賞に行くか2000m以下のレースにするかが決まるような気がします。
個人的には菊花賞を使ってほしいところですけどね。

●マルティプライ [77.マイティーダンサーの07]
こちらが直前になって持つことにした馬です。
やや小柄な馬なところが気になるくらいで、ここまで順調そのものに来ています。
まだノーザンFにいますが、栗東入厩ではなくそのまま北海道に残って
札幌デビューを予定しているとのこと。
NFでは15-15の乗り込みも行われていて、夏デビューに向けて順調そうで何より。

●ボッカデラヴェリタ [78.ヴードゥーレディの07]
こちらは逆に大きな馬で、先月時点で536kgもあります(笑)。
さすがにマルティプライに比べると仕上がりに時間はかかりそうですが、
この馬なりには調教メニューをこなしていっていますし、
とくに脚部不安を感じるようなことは無いどころか、力強い脚捌きを見せていて、
ここまで着実な成長を遂げており、夏を越すことでガラッと変わってきそうな印象とのこと。
デビューはだいぶ先(おそらく年明け?)でしょうが、なかなか楽しみな1頭であります。
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-12 23:10 | 競馬(一口馬主)

2009/06/07 馬券成績+「安田記念」回顧

●購入レース
中京8、10R
東京11R
計3レース

東京での5週連続G1の最後は安田記念。
今年はウオッカ、ディープスカイという2頭のダービー馬が出走。
それにしても2頭のダービー馬が春の天皇賞ではなく安田記念で激突するとは
時代も変わってしまったものですなぁ。

今日は重馬場でスタートした東京競馬ですが、安田記念の頃にはすっかり良馬場に。
先週とはうって変わってよい馬場状態で競馬が行われました。

●安田記念 結果
1着 ◎ウオッカ
2着 ▲ディープスカイ
3着 △ファリダット
7着 ○スーパーホーネット

ウオッカがディープスカイをゴール寸前で強襲して、G1を6勝目。
・・・ってか、あの競馬はなんなんだ?(笑)
前半4Fが45.3というハイペースだったので、中段に控えたのは良い判断でしたが、
4コーナーを回ってどこに出すかと思ったら終始馬群に包まれたまま。
普通ならあれでジエンドになるはずですが、最後の1ハロンでようやく前が開いてからは
一瞬で伸びてきてあっという間にディープスカイを交わしてしまいました。
ウオッカは勝った6つのG1で毎回インパクトのある勝ち方をしますが、
ヴィクトリアマイルの7馬身差もすごいですが、今日の内容にはまた驚きました。
ま、勝ったから良かったものの・・・というレース内容ではありましたが(笑)。

ディープスカイは久々のマイル戦でしたが問題はありませんでしたね。
というかあれで負けたのであれば相手が悪かったとしか言いようがありません。
四位騎手は今年はレッドディザイアでの2戦といい今回といい、
普通なら勝ったと思うようなレースを3度も差されているので、ツキがありませんね。
ファリダットは道中最後方からの競馬でしたが、ハイペースだったのに助けられた感はあります。
しかしウオッカが抜け出せないのをずっと見ていたので、
いつの間に上がってきたのか分かりませんでした。

カンパニーは大外をついて上がってきましたが、またしても4着。
G1でここまで華麗に4着を繰り返すのはもはや伝統芸の域にも感じますが(笑)、
でも8歳でここまで走れるだけでもすごいのかもしれませんが・・・
スーパーホーネットは伸びあぐねて7着。
特に問題なくスムーズに追走できていたと思いますし、何がダメだったんでしょう?
でも今日のレースを見ている限りでは、G1制覇はできないまま終わりそうな気もしますね・・・


●今日の当たり馬券
東京11R(安田記念)3連複3-4-6(ウオッカ-ファリダット-ディープスカイ)41.0倍

●収支
投資:2200円
払戻:4100円
収支:+1900円

いちおう押さえで最後に付け足した100円分が当たって勝てましたが、
ウオッカ-スーパーホーネットの馬単折り返しとワイドと1500円分買って勝負したので、
気持ち的には「馬券に勝って勝負に負けた」ってところでしょうか。
うーん、プラス収支なのにこのスッキリしなさ感はなんなんでしょう・・・?
先週のダービーは大敗でも悔い無しの気持ちだったのに。
・・・競馬ってほんと難しいものですね♪(←なんか違う)
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-07 21:58 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

2009/6/7 競馬予想「安田記念」

<安田記念>
◎ウオッカ
○スーパーホーネット
▲ディープスカイ
△ファリダット

今年はメンバーが揃ったので、あんまり荒れないような気がします。
東京のマイルだとよほどのことが無い限りウオッカで大丈夫でしょう。
普通に先行して抜け出して終わりって言うところでしょう。
馬場状態も良まで回復したようですし、内枠だし。
ただ毎日王冠ではカンペキに抜け出したところをスーパーホーネットに逆転されたので、
いちおう今回も逆転があるところまで想定しておきます。

ディープスカイはNHKマイルC以来のマイル戦というのがどうかというところ。
何の問題も無く勝つかもしれませんが、今は2000m~2400mのイメージが強いので、
マイルに限って言えばスペシャリストのスーパーホーネットのほうが上に来そうかと。
馬連はウオッカ-スーパーホーネット1点で勝負して、
3連複で買うならディープスカイも加えるといったところでしょうか。

人気3頭のうち2頭以上で決まりそうだと思っているのですが、
穴で挙げるとすれば、安藤勝騎手を起用してきたファリダット。
追い込みで取りこぼす競馬が続いていますが、突然先行策に出てくれば、
末脚だけならウオッカなどと遜色の無い脚を持っているだけに、警戒しておきます。


(直後に追記)
おい、ディープスカイの+14キロって何やねん・・・
これはウオッカ-スパホの1点勝負で大丈夫か?
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-07 14:37 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

夢のダービー出走! トライアンフマーチ視点での日本ダービー回顧(1週遅れ)

随分と遅くなってしまいましたが、トライアンフマーチが出走した
日本ダービーについて、マーチ視点で回顧をしたいと思います。
内容については1つ下のダービーのレース回顧の記事とかぶる点も
出てくるかと思いますが、ご了承ください。

まずダービーに触れる前に、当日の天候の移り変わりについて触れておきます(笑)。
朝は芝コース稍重でスタートした東京競馬。
午前中は多少の小雨はあったもののほとんど影響のない雨量でしたが、
午後に入ってから雨がやや強くなってきて、1時を過ぎた頃から大雨が降り続きました。
もともと水を含んでいた馬場なので一気に悪化してしまい、馬場状態は不良に。
どれくらいの雨だったかというのはこの写真を見ていただけたら分かるかと思います。

b0019221_23144258.jpg

↑スタンドの3階からパドック後方を撮ったもの(1時10分頃)。
傘を差している人のすぐ後ろに僅かにトキノミノル像が見えます。
この写真だけでも叩きつける雨の様子が分かっていただけると思います。

b0019221_23151175.jpg

↑ゴール板にはついに照明が焚かれてしまいました(1時30分頃)。
これはフジビュースタンドの3階から撮影したものですが、
本来天気の良い日なら富士山が見えることから名づけられたフジビュースタンドですが、
雨で煙ってしまい、富士山どころかすぐそばの多摩丘陵の山並みすら見えません(笑)。

不良馬場となった芝コースですが、8Rの芝2400mの勝ち時計が2:35.7と
掲示されたときには、ダービーはとんでもないことが起きそうな予感をさせてくれました。
1000m通過が1分5秒台と掲示されたときには随分スローペースだなと思いましたが、
この勝ち時計から換算すればこれでも平均ペースですからね・・・

さてここからようやくトライアンフマーチの日本ダービー回顧に入ります。
なおパドックやレース中の写真を何枚か載せていますが、
離れたところから撮っていますので(雨なのでずっとスタンド内にいました)
キレイには撮れていませんことをご了承願います。

続きを見る(More)
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-06 23:44 | 競馬(一口馬主)

2009/05/31 馬券成績+「日本ダービー」「目黒記念」回顧 in東京競馬場

●購入レース
東京1~12R
中京9、10R
計14レース

さあ競馬の祭典、日本ダービーです。
ホースマンなら誰もが夢見る大舞台。
そしてその大舞台に、私の一口馬が出走することになりました。
こんな光栄なことはありません。
一生一度の大舞台なので、当然現地にまでいって観戦してきました。
トライアンフマーチ中心の回顧はまた明日にでも行います。

当日は朝から小雨が降ったり止んだりも、稍重ながらそこそこ早い時計もでていたので
この調子ならダービーはなんとか持ってくれそうかなと思っていました。
が、午後に入って突然の大雨。
2時間ばかり大雨が降り続き、ついに芝コース不良馬場に突入。

なんでもダービーが不良馬場で行われるのは40年ぶりとのこと。
まあなんというときに来たものかと運の悪さにガッカリしましたが、
でもこんなダービーはめったに経験できないので、ある意味では貴重な体験かも?
トライアンフマーチ視点で言えば、お母さんのキョウエイマーチが勝った桜花賞も
平成年間では唯一不良馬場で行われた桜花賞で、よほど不良馬場に縁があるのでしょうか?

8Rの芝2400mでの勝ち時計が2:35.7と空前の超鈍足タイム。
このタイムが掲示されたときには思わす吹いてしまいました。
芝2500mでもこの時計なら遅いといわれるタイムで、
8Rは差し-差しで決まるし、ダービー直前の9R(芝1800m)は完全前残りだし、
こうなってしまってはどの馬に有利に働くかなんて分かりっこありません(笑)。
考えても分かりませんので当初予定していた馬券をそのまま買うことにしました。
今回はマーチ君がこけたら皆こけた式で買いましたので、マーチ君と心中です。


●日本ダービー 結果
1着 …ロジユニヴァース
2着 ▲リーチザクラウン
3着 △アントニオバローズ
14着 ◎トライアンフマーチ

ロジユニヴァースが4馬身の差をつけて完全復活でダービーを制しました。
ジョーカプチーノの1000m通過59.9という超ハイペースは放っておいて(笑)、
離れた2番手のリーチザクラウンが推定で62秒台とこれでも早いほうのペースで
その3馬身差の3番手インコースで絡まれることなくスムーズに運べました。
展開としてはラジオNIKKEI杯みたいな感じなり、結果的にはそのときと同じ
リーチザクラウンに4馬身差をつけての快勝となりました。
+16キロは数字合わせで出てきたのかなと思い軽視していました。
横山典騎手自身も勝利騎手インタビューで、今日の状態について半信半疑と言ってましたし、
状態そのものは決してよかったとは思わないのですが、
よほど時計のかかる競馬やスタミナ勝負になる競馬が合うんでしょうね。
ブエナビスタよりこの馬が凱旋門賞に行くべきですよ、やっぱり(笑)。

リーチザクラウンは単騎逃げさえ打てたら少々のハイペースなら問題ないんでしょうね。
今日は実質単騎逃げでしたが、絶妙のペースでの逃げだったと思います。
武豊騎手は圧倒的人気馬に乗るときより、ちょっと人気の落ちた実績馬に乗ったときのほうが
よく馬券に絡んでくるイメージがあるので(去年のダービーのブラックシェルなんかもそう)
今回はその点から言えば狙い時だったといえるでしょう。
アントニオバローズは惜しい内容でしたが僅かに3着。
角田騎手が常に絶賛していましたが、その片鱗を見せる結果を残せたのではないでしょうか。
菊花賞でも面白い存在になってきそうです。

1番人気のアンライバルドは直線で失速して12着。
単純に不良馬場が合わなかっただけのようにも思いますが、パドックでも本馬場でも
若干イレ込み気味だったのも多少は影響しているのかもしれません。
トライアンフマーチは14着惨敗。
両親に似合わず道悪はダメっぽいようですが、距離が合わなかったのかもしれません。
正直この結果では何がダメだったのかは現時点では分かりかねます。
さすがにこの後は秋まで休養でしょうが、パワーアップして戻ってくることに期待します。

さてダービーが終わって春のクラシックシーズンはひとまず終了。
終わってみれば、皐月賞前に言われていた3強は、
皐月賞1着、ダービー1着、ダービー2着と分け合うことになりました。
が、これまでの3強対決と大きく違うのがそれぞれ2桁着順も経験したこと。
こんな不安定な3強対決も珍しいですが、皐月賞は高速馬場のハイペース先行馬総崩れ、
ダービーは空前の不良馬場で、どっちもいわゆる「まともな」結果ではないんですよね。
だいたい、皐月賞とダービーで出走馬の着順がほぼ反比例とか、普通ありえないでしょ?(笑)
なので本当に強い馬はどの馬なのかというのはダービーが終わってもまだはっきりしません。
ただひとつだけ言えるのは、今年のクラシック戦線、面白い!
皐月賞は歴代3位の時計かと思えばダービーは過去40回で最も遅い決着とかステキ過ぎます。


●目黒記念 結果
1着 ミヤビランベリ
2着 ジャガーメイル
3着 ハギノジョイフル

8番人気のミヤビランベリがスイスイ抜け出し5馬身差の圧勝劇を演じました。
この馬は時計勝負型の右回りの2000mがベストだと思うので、
この条件はどうなのかと半信半疑でしたが、よく成績を見てみると、
左回りの中京2500mで勝ち鞍があり、またあとで知ったのですが、
不良馬場は福島2600mで2着と結果を残しているので、
ひょっとしたらこの条件、この馬場がめちゃくちゃ大得意だったってオチかもしれませんね。
オペラハウスの仔なら高速決着の2000mよりこっちが合っていて当然かもしれませんが(笑)。
ランベリウオッチャーとしては、北村友一騎手で重賞を取ったというのが嬉しい限りです。
(初めてこの馬に目を付けたときに乗っていたのが北村友騎手でしたので)

1番人気のジャガーメイルは、メンバー的にも重賞制覇のお膳立てが揃ったと思いましたが、
ミヤビランベリの思わぬ好走があり、重賞制覇のチャンスを逃がすもなんとか2着は確保。
しかし石橋脩騎手は重賞をいつ勝ってもおかしくないジョッキーなのに
なかなか重賞を勝てませんね。そういう星に生まれてきたジョッキーなんでしょうか?(笑)
少し前までの村田騎手を見ているような感じです。


●今日の当たり馬券
東京12R(目黒記念)単勝4(ミヤビランベリ)19.4倍
中京10R(名古屋城S)馬連7-14(テイエムザエックス-アンダーカウンター)16.1倍

●収支
投資:7000円
払戻:3550円
収支:-3450円

ダービーではマーチとともに散ったのは悔いはないのでいいのですが、
そのほかのレースも壮絶に散ってしまいましたorz
かろうじて、単勝しか買わなかった目黒記念は当たって東京全滅は避けられましたが、
これも思ったほど単勝は付かなかった感じがします。
たしか20倍台はあったと思っていたのですが・・・
ってか東京9R、外の2頭で決着したと思ったのに、あの形で内の馬が残るとかナシだろ普通・・・
あの1-3着の馬連だけで勝ち確定だったのに・・・むぅ・・・

まあ今日に関して言えば勝っても負けてもトライアンフマーチ一色だったので、
正直な気持ち、あんまり結果は気になりませんでした。
一口馬がダービーに出走できただけでも私は幸せ者であります!
ただ、当たり前の話ですが、人多すぎ!
さすが東京競馬場というかさすがダービー。
持ち馬が出走しない限り、ダービーを現地観戦することは今後は無いと思います(笑)。
ということでダービー観戦という非常に貴重な経験をさせてもらいました。
ありがとう、トライアンフマーチ号!
[PR]

by anden25138303 | 2009-06-01 22:27 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30