<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009/11/1 競馬予想「天皇賞秋」

<天皇賞・秋>
◎エイシンデピュティ
○オウケンブルースリ
▲ウオッカ
△ドリームジャーニー
×サクラメガワンダー
☆ホッコーパドゥシャ

昨年ほど絶対視できないと思われているウオッカが1番人気。
まず、これまで何度も対戦して先着を許していないカンパニーに
先着されたのが悪い印象を受けてしまいます。
しかし去年のダイワスカーレット級の馬も見当たらず、
終わってみれば結局ウオッカということは十分に考えられるので、
さすがに消すことはできず、1着まで想定した▲で。

本命は無謀かもしれませんがエイシンデピュティで。
長期休養明けの前走では大敗しましたが、2走目の変わり身に期待したいですし、
戸崎騎手というのも魅力です。
少なくとも2走前にG1を勝っている馬が、1回の負けだけで
前日オッズで50倍超なんて美味しすぎます。
この際2年前の天皇賞での大斜行は目をつぶることにします(笑)。
(あれは私の買ってた馬も被害を受けて涙目だったんですが)

オウケンブルースリは前走は、多少展開利もあったものの鮮やかな復活劇。
阪神大賞典の惨敗が馬場状態だけということを証明したことになります。
まだまだ底を見せていない馬なので、買うから早いうちのほうが狙い目だと思います。
2000mは多少短い気もしますが、こなせる距離だとは思いますので。

昨年は着外に終わるも、この1年でめっきり力をつけたドリームジャーニーと
サクラメガワンダーの宝塚記念1,2着コンビ。
大穴ではサマー2000チャンピオンのホッコーパドゥシャ。
同じ新潟2000m重賞勝ちのシンゲンが10倍を切って、
こっちが70倍超とかよく意味が分かりません。
サマー2000チャンピオンとしては、スウィフトカレントだって
2着に入ったことがあるし、充実している今なら善戦はできると思います。

カンパニーは前走と同様以上のパフォーマンスを期待するのは、
8歳馬だしさすがにムリがありそう。
シンゲンは東京コース6勝の実績が買われているんでしょうけど、
一線級相手ではないのに、初G1で2番人気なんて絶対買いたくありません(笑)。
◎が人気薄なので、ワイドで手広く買って楽しみたいと思います。
当然単勝も買って。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-31 21:39 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

キャロット一口馬近況 Vol.87

●トライアンフマーチ
あの折り合いを相当欠いての競馬だった菊花賞を終えたあとも
思った以上に疲れは出ていないとのことで、引き続きレースを使っていきそう。
今のところの次走予定はマイルCSですって。
またG1を狙うとは随分強気ですが、
確かにウオッカ、ディープスカイの安田記念1、2着馬が出なくて、
アーリーロブストでそこそこ通用するマイル戦線なら、
使ってみれば案外面白いかもしれませんね。
しかし賞金面で出走するのはかなり厳しそうな気もします。
出られない場合は鳴尾記念を目標にするか、
アンドロメダS、キャピタルSあたりのOP特別でも。

●マルティプライ
宇治田原で調整中。
体重は394kgとあんまり変わっていません。
牧場の担当者もそのあたりがやはり気になっているようで、
「まずは基礎体力の向上から、その後強い調教へ」
ということなので、思っていたよりは時間がかかりそうです。
今年の出走は無さそうな感じでしょうか。

●ボッカデラヴェリタ
ノーザンファームで調整中です。
少し前にトモを痛めたようで、それが少し尾を引いている感じ。
3週間ほど前に比べると、調教メニューも緩めているようです。
その結果、現在の体重が570kgにもなってしまいました(笑)。
とにかくマルティプライに少しは(以下略

<出資外>
●インペリアルマーチ
出走予定の新馬戦まであと2週となった今週は栗東での坂路調教。
ここまで非常に順調に来ています。
来週は、新馬戦で騎乗予定の岩田騎手が跨って追うそうなので楽しみです。
馬体重は入厩前の8月計測で532kgなので、
デビュー戦は500~520kgってところでしょうか。
マーチ4兄弟の中では一番馬体が大きそうですね。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-31 21:36 | 競馬(一口馬主)

三遊亭円楽さん死去

弟子の襲名楽しみに…闘病力尽き円楽さん逝く (読売新聞)

夕方に知ったのですが、それ以降はなんか仕事をする気力も起こらず、
まだ仕事は残っていたけど、心持ち早めに帰ってきました。
ずっと病気を抱えていましたし、いつかはこういう日が来るのは分かっていても、
いざその日になったらさすがにショックは隠しきれません。

物心ついたときから20年以上見ている笑点ファンとしては、
やはり笑点の司会者のイメージで定着しています。
思えば、上手くしゃべられないからと、笑点を降板したのも落語を引退表明したのも、
落語家としての美学を貫くためという、ものすごく綺麗な引き際だったと思いますが、
人生の引き際も自分の美学を貫き通したということなんでしょうか・・・

しかし楽太郎師匠の円楽襲名が半年を切ったというのに、
その瞬間を立ち会えないのは円楽師匠にとっても心残りでしょうが、
何より楽太郎師匠の気持ちを考えると、なんともいえない気持ちになります。

日本テレビは1日午後4時55分から緊急追悼特番を放送(関東地方のみ)。8日の「笑点」でも追悼企画を放送する。
笑点内での追悼企画が1日ではないのは、1日放送分が青森収録の2本目だからと
思われるので、改めて8日にするのはいいと思うのですが・・・
「1日午後4時55分から緊急追悼特番を放送(関東地方のみ)」
どういうことやねん!(怒)
なんで関東ローカルなのかがわからない。
他の地域は自社番組の放送が優先されるためなのか、日テレのせいなのか・・・?
笑点ファン、円楽ファンは全国に多くいると思われるのに、
見ることができないのは非常に悔しいですし腹が立つ思いです。

私自身は、追悼の意味を込めて明日は、円楽師匠司会時代の末期に発売された
「笑点DVD」でも見て、笑って送り出そうかと思います。

あ、そういや、笑点がらみで思い出しましたが、毎日香のCMはどうなるんでしょ?
声だけの出演ですが、このままずっと続けていくのか1日放送分からは差し替えになるのか・・・?

-----
(10/31 21:40追記)
関東ローカルとされていた1日の追悼番組ですが、
先ほど番組表を確認したら、関西(よみうりテレビ)は放送することになったようです。
ちょっと他の地域はわかりませんが。
となると、この記事が先走っただけなのか、それとも関東でしか放送しないのを知って
クレームが殺到して急遽放送するようになったのかは分かりませんが、
とりあえずこの件に関してはまずは一安心です。

あとは、緊急事態なのでこの番組は30分の番組ですが、
一段落着いたら、きちっと2時間くらいの枠を取って改めて追悼番組をやってほしい。
というか、それくらいの枠は設けるべきレベルの人でしょう。
特に日テレにとっては。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-30 22:46 | 時事/ニュース

こんな時間に

更新してるんですけど、10分ほど前に帰宅しました。
午前2時半近くまで仕事をするハメになってしまい、
当然終電もありませんのでタクシー帰りで。
タクシーの中で少し寝てたら(って言っても10分も寝てないけど)、
眠れなくなったためにこうやって眠たくなるのを待ちながら
ブログを更新しているわけです。

今日はある案件で不具合が発生しての緊急対応だったのでこんな時間になりましたが、
それでも、今週から11/Mまでは、今日ほど遅くなることは基本無いにしても、
夜10時くらい退社がデフォルトになりそう。
って、今のノリなら下手したら休日出勤も要請されるかも・・・?

終電が無くなって仕事でタクシー帰りは、ほんと久しぶり(数年ぶり?)
でも、この時間の道路は当たり前ですが空いているので、
電車で帰ると50分近くかかるのが、この時間のタクシーなら20分もかかりませんでした。
こんなに早く帰れるのならたまにはタクシー帰りも悪くな・・・
いわけないよなぁ。。。
毎回タクシー代で4000円以上自腹で払うなんてしてたら、いくら金があってももちませんわ。

とか書いてたら眠たくなってきたので、そろそろ寝ます。
3時間ほどしか眠れませんが、寝ないよりはマシだと思いますので。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-29 03:08 | 仕事

写真で振り返る菊花賞

ちょっと遅れましたが、菊花賞当日の現地での写真をアップします。
トライアンフマーチを中心に、後半では例によって小ネタを挟みつつ・・・

まずは、G1といえば馬名入りボールペン。
1R直前についたところ、遠目から見て、内枠のほうで売り切れているペンが
あるのが見えたので、「まさか?」と思ったところ、
ウチの馬ではなく、隣の枠のフォゲッタブルのが売り切れてました。
ま、そりゃ仕方ないですわな。
ということで今回は悠々とゲットできて、ご覧の通り・・・
b0019221_23125273.jpg

クラシックで3本揃いました♪
ってか、皐月賞と菊花賞はゼッケンの色も馬番も同じなので、
レース名を見なけりゃ見た目に違いが分かりません(笑)。

さてパドックでの写真を2枚ほど・・・。

続きを見る(More)
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-27 23:22 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

三冠レース全出走!トライアンフマーチ視点での菊花賞回顧

ここからはトライアンフマーチについて。

秋競馬が始まる前までは、菊花賞には向かわないような話も出ていましたが、
賞金面でぜんぜん足りないこともあり、結局は菊花賞に出てきました。
他のレースは来年出ようと思えば出られますが、クラシック競走は今年だけ。
春の2冠にも出ているので、3冠目の菊花賞にも出てほしいと思っていたので、
神戸新聞杯の結果から距離的にも厳しいのは承知ですが、素直に嬉しい限りでした。

さて今日の馬の気配ですけど、まずは前走の-12kgでガッカリさせた注目の馬体重ですが、
+8kgと私の中では理想的な体重で出てきました。
これが10kgを超えるような体重だと数字合わせで調教を緩めたのかとも思いますが、
もともと春先からずっと太いと言われていたので、これくらいのプラスでちょうど良いでしょう。

パドックの様子は、休み明けの神戸新聞杯より良いというのは伝わってきましたが、
皐月賞の頃ほどには思いませんでした。
他の馬では、リーチザクラウンはまずまずでしたが発汗が目立つ。
アンライバルドはずっとカリカリしていて、あの惨敗でも致しかたなし。
セイウンワンダーも基本チャカチャカしていたので、よく3着に入ったなと思います。
気配がよく見えたのは相変わらずよく見せるイコピコと、アドマイヤメジャー。
ただし一番よく見えたのはヤマニンウイスカーで、つい単勝まで買おうかと思いましたが、
今日はマーチ君と心中する予定なので、その誘惑をなんとか振り切りました(笑)。
その代わりワイドでとどめておく予定を馬連も購入(4-7で約570倍)。

本馬場入場は、さっさと1コーナーのほうに行ってしまったのでよく見えず。
ターフビジョンで見る限りでは特に問題は無さそう。

さて問題のレースシーンですが・・・(苦笑)
今だから苦笑なんて言いながら書いていますが、ターフビジョンで姿が映ったときは、
「鞍ずれ?」だったらまだしも、「故障したのか?」とも思い、固まってしまいました。
少なくともこの時点で馬券に絡むことはあきらめましたが、どうやら故障ではなく、
折り合いを欠くのをなだめていただけと分かり、最悪な方向にならずにまずはホッとしました。
折り合いをなだめるのに立ち上がる騎手はよく見ますけど、
「空気イス」みたいな格好をして立ち上がるなんて初めて見ました。
落馬してもおかしくないようにも見えましたし、ほんと故障じゃなくてよかったですが、
もっとちゃんとした折り合いのつけ方をしてください、幸四郎さん。

と、馬券はスタート30秒で紙くず同然になったので気楽に見ることができました(笑)。
あの折り合い欠きのシーンを除いたら、終始インコースの後方を進め、
最後の直線でもインを突いて無駄の無い競馬をしてくれました。
あんなに折り合いを欠いてたらもっと惨敗しても不思議ではなかっただけに
勝ち馬から1.2秒差の9着は上出来だと思いました。

というよりも、正直な気持ちを言うと、馬体重の件もあり、
春からの成長に疑問符がつきかけていたのですが、
あんなめちゃくちゃなレースでそこまで惨敗しなかったどころか、
最後はそれなりに伸びていたので(上がりはメンバー中5位)、
逆に、マイル~中距離ではまだまだ十分やれるのではないかという気持ちに変わりました。
次走は鳴尾記念か中日新聞杯、もしくはファイナルSで会いましょうということで。

最後に。
結果はどうあれ、まず一口馬が三冠レースすべてに出走できただけでも感謝しています。
おかげで皐月賞と日本ダービーを現地で初めて観戦できましたし。
ただ、今のところは皐月賞で2着に入ったがために、自身のハードルを上げたようにも思えます。
この馬の運命の分岐点になったあの未勝利戦でハナ差2着だったナリタクリスタルが、
菊花賞の2レース前の1000万クラスで3勝目をあげたのを目の当たりにしたときは、
「徐々に力をつけつつコツコツ勝ち上がってきたほうが長い目で見て良かったのでは?」
と少し思ったのですが、それは贅沢な悩みでしょうか・・・?

-----

文章は書いているうちに今日中にアップしたくなったので載せましたが、
写真はもう遅くなったので明日以降にします。
中途半端でごめんなさい。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-25 23:21 | 競馬(一口馬主)

2009/10/25 「菊花賞」回顧+馬券成績 in京都競馬場

●購入レース
京都1~12R
東京10R
計13レース

牡馬クラシック最終関門の菊花賞。
ダービー馬ロジユニヴァースが不在に加え、前哨戦の神戸新聞杯では
クラシック不参戦のイコピコが快勝して、一気に大混戦になりました。
春の実績馬と夏の上がり馬が入り乱れて、昨年同様、
どこからでも買えるようなメンバー構成になりました。

そんな中、我がトライアンフマーチも無事に三冠レースすべてに参戦できました。
前哨戦の内容が内容だっただけに大きな期待はできませんが、
クラシック競走すべてに出走できただけでも満足しています。
この馬の回顧については、写真入りで別枠でたっぷり書きます。
まずは菊花賞の回顧を。

●菊花賞 結果
1着 …スリーロールス
2着 …フォゲッタブル
3着 △セイウンワンダー
9着 ◎トライアンフマーチ

ダンスインザダーク産駒2頭による、先週の秋華賞を再現するような追い比べ。
ハナ差スリーロールスが制して、デビュー3年目20歳の浜中騎手、
キャリア30数年66歳の武宏平調教師ともに嬉しい(平地)G1初制覇となりました。
道中は4番手で上手く折り合いがついていましたし、最後の直線で
前のリーチザクラウンを捕らえて決まったかに見えたところに、
最後に大きく外にヨレて後続に差を詰められましたがハナ差残しきりました。
現状は3000mは長そうな気もしますが能力は相当高そうで、今後も期待できそうです。

良血馬フォゲッタブルが惜しい2着。
スリーロールスが外に行ったことによりインから差を詰めてきました。
リーチザクラウンが淀みのないペースを演出したので、こういう底力の問われる展開になると
実績のある馬か血統の裏付けのある馬が上位に来るってことなんでしょうか。
吉田隼人騎手も勝てばG1初制覇だっただけに惜しかったですね。
しかし春のすみれSでのだらしなさを生で見ているだけに、ここでは手を出しづらかった(笑)。
ようやく気性も成長してきて良血が開花し始めたということなんでしょうね。

距離が長いと思われたセイウンワンダーもよく来ました。
今後はどの路線を使うのかが注目ですが、次走もおそらく3着かと(笑)。
イコピコはさすがに道中後方すぎたでしょうか。
最速の上がりを使っているので能力のあるところは見せているのですが、
G1であの位置からではさすがに差しきるのは厳しいでしょう。
大きいところで勝ち負けをしていくためには、脚質の自在性が求められそうです。

リーチザクラウンはアドマイヤメインを彷彿させるような武豊騎手の絶妙な逃げで、
最後の直線でもよく粘っていましたが、最後は力尽きました。
3000mということを考えると現状の力は出し切っているでしょう。
アンライバルドは神戸新聞杯同様、折り合いをつけるのに苦労した感じで、
力が出せないまま惨敗。このままフサイチホウオー化してしまうのか、
中距離に戻れば強さを発揮できるのか、次走が試金石になりそうです。

それにしても、1年前の菊花賞の日にデビュー勝ちしたアンライバルドの新馬戦が
「伝説の新馬戦」といわれていますが、スリーロールスがそのときの4着馬。
デビュー戦でクラシックホース3頭とダービー2着馬が揃うなんて今後無いでしょうね。
この新馬戦を生で観戦した人は一生自慢していいと思います(笑)。


●今日の当たり馬券
京都10R(桂川S)馬連3-9(テーオーギャング-セブンシークィーン)39.9倍

●収支
投資:6500円
払戻:3990円
収支:-2510円

ええ、今週も1レースしか当たりませんでした・・・orz
菊花賞はマーチ君と心中だったので悔いはありませんが、それ以外もひどかったな。
結局、菊花賞の写真を撮るためにパドックに陣取っていて、
現地で唯一生で見れなかった京都10Rだけが的中し、
それ以外の生で見たレースはほとんど見せ場も無くハズレ、というなんとも微妙な結果に。
逆転を狙った京都の最終レースも、1~3番人気で決まるという
菊花賞で負けた人を逆撫でするような結果に終わるし・・・(笑)

これで6週間で5回参戦した競馬場行きは、ひとまず今週でピリオド。
結局勝ったのは、G1とも自分の持ち馬とも関係のない京都大賞典当日だけ。
ただ、勝った1回が大きく勝って、負けた4回は被害がそこまで大きくなかったので、
おそらくトータルでは僅かながらプラスにはなっていると思います。
次回参戦予定はインペリアルマーチのデビュー戦にあわせる予定なので
おそらくエリザベス女王杯当日になるので、中2週か。
何だかんだ言って今年はずっと競馬場に行くことになるんだな(笑)。

-----

このあとは、菊花賞のトライアンフマーチを中心に、
今日の現地での写真をいくつか載せようと思っていますが、
疲れたので、ある程度準備だけして、掲載は明日以降にします。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-25 20:22 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

2009/10/25 競馬予想「菊花賞」

久々に競馬予想でもしてみようと思います。
もともとは秋競馬に入ったらG1だけでも予想していこうと思っていたのですが、
先の2つのG1はどうも更新タイミングが合わず予想を書けませんでした。
ということで今回から、怠けないようにがんばりたいと思います(笑)。

<菊花賞>
◎トライアンフマーチ
○ヤマニンウイスカー
▲リーチザクラウン
△セイウンワンダー
×アンライバルド
☆シェーンヴァルト

本命は言うまでも無くトライアンフマーチ。
正当な予想をすればこんな上位に来るわけないんですけど、これは仕方がありません。
距離が長いのも騎手が不調なのも承知していますが、
どうせ人気が無いんだから追い込みに徹して気楽に回ってきてください。
前日最終オッズで41倍の14番人気。
前走でもっと大敗しているアントニオバローズが13倍で、こっちが41倍ですか(笑)。
牝馬や3戦連続着外馬や自己条件惨敗馬より人気が無いのはいくらなんでもどうなんでしょうね。
人気が無いとは思いましたけどここまで人気が無いと、かえってアリなのかとも思います。

で、○以下が私情抜きでマジメに検討した予想となりますが・・・
その自己条件惨敗馬を対抗にします(笑)。
というか、前走の大原Sはヤラズと思われてもおかしくない不可解な騎乗。
春にはイコピコと差の無い競馬をしているし、2400でも好走歴があり、
距離的にも向いていそうな感じがします。
菊花賞で2年連続馬券に絡んでいる和田騎手の手腕に期待しましょう。

上位に人気薄を持ってきたので、あとは人気どころの中から何頭か。
人気の3頭はどれも一長一短ありそうですが、
自分の展開に持ち込めそうなリーチザクラウンを上位とします。
人気の逃げ馬なので軸には怖いですけど、ノーマークにはさすがにできません。
3年前のアドマイヤメインのような武豊騎手の絶妙な逃げに期待します。
そうすればそのときの菊花賞で勝ったジョッキーといえば・・・(以下略)

セイウンワンダーは距離が長いのは承知ですが、
そう思わせた神戸新聞杯でもちゃっかり3着にきています。
なめていると案外がんぱるタイプと思うので押さえておきます。
アンライバルドは前走が4着とはいえ案外だらしない内容。
ダービー、神戸新聞杯がともに1番人気で馬券外に消えて、
下手したらフサイチホウオーのパターンかもしれませんが、消すのは怖いので。

シェーンヴァルトはここまでの流れがファストタテヤマに見えて仕方がありません。
大穴に期待しましょう~!
って思ったけど、ウチの馬のほうがもっと大穴なんだよなあ・・・(苦笑)
イコピコは前走のパドックでの気配を見る限り、前走がメイチの仕上げに思え、
ここでは要らないようにも思います。
当日のパドックで前走と同じようならあきらめて追加で買いますが(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-24 19:55 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

元祖スライム?

スクエニにケンカを売ってる? どう見てもスライムなお土産 (ガジェット通信)

ってか、そのまんまじゃねーか。
普通、バッタモンの商品はどこかわざと似せていない部分があったりしますが、
頭の部分がややとんがり気味なのを除いたらほとんど同じ。
シルバーバージョンは頭のとんがりを含めて、
メタルスライムとの違いを見つけるほうが大変です。
北海道の昭和新山に行ったら手に入るようなので、
もし行く人がいて商品を見かけたら私へのお土産に買って来て下さい(笑)。

まあ仮に百歩、いや千歩譲って、このしずく君が「オリジナル商品」と言ったとして、
じゃあこれはどういうことなんだ?
しずく君オルゴールという商品もあり、流れる曲は『ドラゴンクエスト』のテーマ曲

もろ、スライムを意識しているじゃねーか(笑)。
ここまで開き直られたら逆に感動すら覚えますし、
スクエニももう抗議しないであげてほしいとすら思います。

でも実は、こっちのしずく君が本当にオリジナルで、
20数年前に昭和新山に行ったときにたまたましずく君を目にした鳥山明が
これからヒントを得てスライムが誕生した、という逆転の発想だったらもっと笑えるんですが。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-24 19:52 | 小ネタ

キャロット一口馬近況 Vol.86

●トライアンフマーチ
さあ、菊花賞です。
調教量はこの3週間で十分に積みました。
木曜日発表の馬体重は484kgで神戸新聞杯から見て+14kg。
しっかり調教を積んでのこの体重なら信じることにします。
ダービーのときは木曜日発表の体重から輸送を挟んで増えていたので、
今回は下手したら+20kgくらいで出てくるかも・・・?(笑)
理想は+6~+10の範囲くらいで・・・

今度は人気が無いので、皐月賞のときみたいに気楽に見れます。
枠順は皐月賞と同じ4番枠。
これはなんか流れが良い方向に来たのでは・・・?
3週連続ですけど当然現地に行ってきます。
馬名入りボールペンもほしいので朝イチから。

<出資外>
●インペリアルマーチ
ここまで順調にきているようで、今週の坂路の追い切りでは
馬なりで52.4となかなかの早い時計を出しています。
そしていよいよデビュー戦が決まりました。
11/15の京都の芝2000mで岩田騎手でデビュー予定です。
この時期の京都の2000mの新馬戦なんてハイレベルでしょうし、
勝ったら一躍クラシック候補になるんじゃないかとか夢見たり(笑)。
エリザベス女王杯の日なので、この日も見に行くことがほぼ決定的になりました。
5回京都の現地参戦はおそらくこの日の1回だけになると思いますけどね。


マルティプライとボッカデラヴェリタはとくに変化がないので割愛します。
[PR]

by anden25138303 | 2009-10-23 23:08 | 競馬(一口馬主)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー