<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2009年最後の投稿

大晦日です。
あと12時間程度で2009年も終わろうとしています。
そしてこの投稿が今年最後の投稿になります。

ところで、このブログが12月31日に更新されるのは
ブログ6年目にしておそらく初めてのこと。
いつもなら30日くらいに実家に帰って3日頃まで不在になるのですが、
今年の場合は、29日まで仕事だったことに加えて、
先月と今月の合計2回、所用で実家に帰っていたこともあり、
この年末年始はもう何日もいなくてもいいだろうと思って、
31日~2日までの3日間だけ実家に帰ることにしました。

さて、本年も当ブログをご愛顧いただきましてありがとうございました。
今年は更新頻度がこれまでに比べて落ちてしまいましたが、
2010年は去年よりは1件でも多く書けるようにがんばりたいと思います。

それではよいお年を~
さよう奈良。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-31 12:08 | ごあいさつ

キャロット一口馬近況 特別編 ~トライアンフマーチとともに過ごした2009年を振り返る 後編~

(前編はこちら

では前編の続きをさっそく。

・日本ダービー(6戦目)
ダービーに出走できただけでも信じられませんが、さらに人気の一角で出走するなんて
ほんの3ヶ月前には想像もしていませんでした。
そして私自身がダービー観戦のために東京競馬場に来ることになることも・・・
しかし私を歓迎してくれたかのように、午後からは土砂降りの大雨(笑)。
なんと40年ぶりに不良馬場で行われるダービーとなりました。
おそらく生涯で唯一のダービー観戦になるだろう日に大雨とはツキがなさすぎにもほどがありますが
逆に40年ぶりという貴重な体験も出来たので、開き直ることにしました。

不良馬場の桜花賞を勝った母親から考えたら、この馬場は歓迎なのかなと思いましたが、
終わってみれば勝ったロジユニヴァースから4秒近く離された14着と惨敗。
この時点では距離の壁なのか馬場状態の影響なのか力負けなのか分からずで、
惨敗して馬券も大ハズレでしたが、ダービーを生で観戦できたこと、
そこに自分の持ち馬が出走できたというかけがえのない貴重な経験をできたので、
惨敗とかハズレとかどうとか通り越して、この場に立ち会えただけで幸せでした。

・神戸新聞杯(7戦目)
ひと夏を越しての秋初戦で、成長した姿を見せてくれるかが非常に楽しみでした。
が、-12kgと発表された馬体重を見て愕然としてしまいました。
そしてレース自体も、あまり見所のないまま、10着に敗れました。
とくに4コーナーを向いてからの手ごたえは悪くなさそうだったのに、
そこから伸びなかったのを見て、この距離は長そうに感じ取れました。
春はものすごい勢いで成長していたのに、この馬体重やレース内容を見て
ひょっとしたら成長があまりしていないのかな?と疑問に抱いたまま菊花賞を迎えます。

・菊花賞(8戦目)
距離的に明らかに不適に思いますが、それでも三冠レースすべてに出走できたことは
普通に嬉しい限りでしたので、結果は度外視で走りを見るだけに徹しました。
しかしそこで見たものは・・・
1周目の坂の下りでジェットスキーをしている引っかかった馬を必死でなだめている
武幸四郎騎手の姿が映し出され、その時点であきらめました。
結局1秒以上離された9着に敗退しましたが、しかしあれだけ折り合いを欠きながら
最後はインコースから少し伸びる脚を見せたのを見て、逆に距離が短縮になれば
まだまだ面白い存在になるのではないかという期待を抱かせてくれました。

・キャピタルS(9戦目)
この1週前のマイルCSの出走に関するゴタゴタがあって(結局賞金順19番目で出られず)、
レース出走が1週伸びましたが、相手は比較的楽とはいえ初の古馬との対決となりました。
ここまで8戦すべてに乗ってきた武幸四郎騎手に代わりスミヨン騎手が手綱を取ることに。
レースは若干の出負けから前半は後方2番手を追走。
4コーナーに向かうにつれインからするするポジションを上げて、
直線を向いて前が開くと一瞬で先頭に立ちました。
大外からキャプテンベガが差を詰めましたが、押し切って待望の2勝目。
いかにも外国人ジョッキーだから押し切れたようなレース内容でしたが、
時計も早くレース内容も良かったですし、古馬相手で目処が立ったので
これまでどこか成長していないんじゃないかという不安が
いっぺんに取れたという意味では貴重な1勝をしたといえるでしょう。

-----
と、タップリと振り返りました。
現在は放牧中で来年はどこから始動するかは分かりませんが、
その日が来るのが今から非常に楽しみです。
これまでの持ち馬はほとんど未勝利で終わってしまった馬ばかりですが、
突然オープンクラスで勝ち負けできる馬を持つことになるのだから
一口馬生活もどう転ぶかわからないものなんだな、と深く感じた1年でした。
来年の一口馬を振り返るコーナーでも、今回くらいタップリ書けるような
1年になってほしいものであります。
できれば、マーチ以外の馬も少しでも書くことのあるレベルに達してくれたらなおいいな(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-30 19:16 | 競馬(一口馬主)

キャロット一口馬近況 特別編 ~トライアンフマーチとともに過ごした2009年を振り返る 前編~

キャロット持ち馬の今年を振り返ろうかと思いましたが、
ほとんどトライアンフマーチしか走りませんでしたので(笑)、
(マーチ9走以外ではマルティプライの1走のみ)
全編に渡って、トライアンフマーチとともに過ごした1年を振り返ります。
思えばこの馬のおかげで皐月賞もダービーも見にいけましたからねぇ。
私にとってはすごく充実した濃い内容の1年でした。

・デビュー戦
パドックを見た限りではとてもじゃないが買えたものじゃない出来ばえ。
それでいて1番人気(最終は2番人気でしたが)。
自分の馬でなければ喜んで消すだろうという印象を受けました。
しかしレースに行ってからは4コーナーで勝てそうな流れで、
デビュー戦勝利も目前かと思ったところ、フラフラしながら走り、
前を行くスイリンカを捕らえられずに2着に敗れました。
しかしこの出来ばえ、あの気性で2着に来れたあたりに素質を感じ、
気性さえ成長すれば、順番が回ってくれば勝てるだろうという気持ちになりました。

・2戦目
パドックの様子はデビュー戦と変わらず、相変わらず見てるこっちが滅入ります(笑)。
しかしそれでも出遅れずに先行でき、今度は追われてもフラフラせずに走りましたが、
思ったほど伸びず、ここは4着に敗れました。
しかし、着順は下げましたがマイルの走破時計を2秒以上詰めましたし、
同日のエルフィンSのレッドディザイアより早い時計で走りましたので、
それほど悲観することもなく、やはり順番が回ってくれば大丈夫かな、と。

・3戦目
ここ2戦に比べてパドックでの気配もよく、中2週で馬体重が-10kgと絞れ、
ここが陣営の勝負がかりのレースだったのか、それに応えるように勝利しました。
直線を向いてからは行き場がなく終了に見えたところ、
残り300mで外に出してからは、前とは5馬身以上差のあったところを
目の覚めるような脚で追い込んできて、ナリタクリスタルをハナ差捕らえました。
まさかあんな位置から差し切るとは思っていませんでしたし、
この強い内容での勝ち方は、今後の活躍を期待せずにはいられませんでした。

・若葉S(4戦目)
とはいえ、いきなり皐月賞トライアルということもあって、
人気は4番人気と支持されましたが、さすがに相手は強いだろうと思って
ここはそれほど期待していなかったところ、まさかのクビ差2着で
皐月賞行きのキップをつかみました。
先行しても差しに回っても結果が出ているあたりにレースごとの成長を感じ、
重賞好走組といきなり好走できたので、皐月賞はともかく、
皐月賞で負けた後の500万クラスならすぐに勝ちあがれるだろうという
楽しみを残しての東上となりました。

・皐月賞(5戦目)
そしてトライアンフマーチとともに、私自身も初の皐月賞現地観戦。
パドックではこれまでの4戦より断然気配がよく見えましたが、
いくらなんでもここでは通用しないだろう、
良くてどさくさにまぎれて着拾いの追い込みで入着くらいだろうと思っていたら、
レースでは出遅れからまさかの追い込みを決めて2着に飛び込み。
一瞬は3戦目の勝利のシーンの再現になるかと思って心臓バクバクモノでしたが、
さすがにG1ではそうは行きませんでしたが、2着でもなかなか信じることができず、
目の前で起きている出来事を現実と捉えるまでしばらく時間がかかりました(笑)。

馬券的にはマーチ中心も、当時の3強を信用しすぎたようで、
3連複中心の馬券だったので、応援馬券の複勝しか当たりませんでした。
それでも14倍以上あったので皐月賞だけ見ればプラスになりました。
ダービーではもっと信用していっぱい馬券を買うことにします。
そして、今度は自信を持って胸を張って、夢にまで見たダービーに向かいます!


・・・
この後は後編に続きます。
というか、勝手に盛り上がって文章が長くなりすぎたので2つに分けます。

後編へつづく。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-30 19:14 | 競馬(一口馬主)

「ドリーム競馬」最終回を見終えて・・・

先日、こちらでも書いたとおり、西日本の競馬中継でおなじみの「ドリーム競馬」が、
12/27の放送で18年の幕を閉じました。
(先日のブログでは19年と書いていましたが、正しくは18年だそうです)
この日は阪神競馬場に行っていたので、帰ってからVTRで見ました。

そして先日のブログの中で危惧していたことの1つに、番組終了をきっかけに
杉本さんと大坪さんの卒業もあるのではないかと思っていたら、
本当に卒業することになってしまいました。
なんでも大坪さんは解説一筋40年、杉本さんは関西テレビの局アナ時代の実況から
現在のご意見番までやはり40年以上、関テレの競馬中継に関わってこられたようです。

思えば、一朗太から柳沼さんに変わったときに、新たに競馬エイトの解説者を
置くことになった時点で、遅かれ早かれ(特に大坪さんは)こういう時期が来そうな
気はしていましたし、実況アナウンサーを育てるように、
どこかで後任の解説者を育てておく必要もあるので、
この3年は過渡期というか移行期間と考えたら、こういうことも仕方がないかと。

阪神11Rが終わり、放送時間が残り5分くらいになったときに、
番組終了にあたり3人からそれぞれコメントがあったのですが、
杉本さん大坪さんの卒業もですが、それ以上に衝撃を受けたシーンが。

大坪さんがまさか泣くとは・・・
泣くと言っても、感極まって一瞬泣き声になっただけですが、
こんなシーンを見るとはこれっぽっちも想像をしていませんでした。
柳沼さんならそういうシーンは考えられても、杉本さんや大坪さんでは考えられず、
まさかの展開にこっちまで一瞬グッと来るものがありました。
少なくとも有馬記念の池添騎手の涙より感動しました(笑)。

挨拶の中で、40年以上よい緊張感を持って出演できたことや、
良いスタッフに囲まれて携われたことに誇りを持たれていることが伝わりましたし、
最後に、番組は卒業になって今後は・・・という話になったところで、
まだまだやりますよ。もっといいレースが見れるかもしれないから
という一言にものすごく感動しました。
私自身も競馬を見続けていく上で、こういう言葉が自然と言えるようになりたいものです。

杉本さんはまだ他の番組や競馬場等のイベントで見れるかもしれませんが、
大坪さんはせいぜい競馬場内の調教VTRの解説で声を聞けるくらいで、
姿を見ることはもうなさそうな気がします。
みなさん、本当に長い間お疲れ様でした。


最後に・・・
阪神11R摩耶Sでのレース後の解説より。

バトルカグヤヒメ(正:バトルサクヤビメ)

こういうのが聞けなくなるのも非常に残念ですねぇ。
最後にものすごい一発を残してくれるのも大坪さんならではです。
うーん、やっぱり来年から寂しくなるなあ・・・

-----
(2009/12/30 20:00追記)
ふと、この最終回のシーンが上がっていないかなと動画を探していたら、
今回のは見つかりませんでしたが、こっちのほうを見つけてしまいました。

3年前の一朗太とおけいはんの最終回のときの、特集企画と卒業コメントのシーン。
これを見ると、やっぱりドリーム競馬はこのときに終わっておくべきだったと余計に思います。
それに、このときの2人とこないだの3人の合計5人のうちで泣くのが大坪さんだけというのは、
何度予想しても当たる自信がないし、万馬券クラスの大波乱でしょ・・・
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-30 19:13 | 競馬(ニュース/その他)

2009/12/27 「有馬記念」回顧+馬券成績 in阪神競馬場

●購入レース
阪神3~12R
中山10、11R
中京12R
計13レース

1年間の締めくくりは有馬記念。
今年の場合は4歳馬が1頭も出ていない、3歳勢が7頭も出走というレアな年。
古馬陣は、ドリームジャーニーこそいるものの、それ以外のメンバーが
全体的に小粒のためか、1番人気は3歳牝馬のブエナビスタ。
この1年間、ともに戦ってきたレッドディザイアがJCで善戦したことを考えると、
このメンバーで1番人気でも不思議は無いのですが、
乗り難しそうな馬で中山で乗りこなすのは難しいかなと思い、ここは1円も買いませんでした。
今年の夢は、予想でも書きましたがミヤビランベリで。
基本はランベリと心中するような馬券の買い方をして、
あとはオマケで人気薄のネヴァブションから2点だけワイドを買いました。

さて今年最後のみんなの夢を乗せて走る有馬記念。
結果はどうなったかというと・・・

●有馬記念 結果
1着 ▲ドリームジャーニー
2着 …ブエナビスタ
3着 …エアシェイディ
11着 ◎ミヤビランベリ

宝塚を勝ったドリームジャーニーが春秋グランプリ連覇を決めました。
例によって出遅れのスタートですが、リーチクラウンが作るペースが早かったため、
後方追走がかえって向く展開に。
まくって上がっていくマツリダゴッホ、先行から早め抜け出すブエナビスタ、
結果3、4コーナーで一気に忙しくなる競馬の中をワンテンポ遅らせて仕掛けたのが好結果に。
ジッと脚を溜める競馬に徹した池添騎手の好騎乗だったと思います。
追い込み馬なのに中山が得意という変わった馬ですが、
産経大阪杯や宝塚記念のディープスカイみたいに、有力馬を1頭に絞って競馬をしたときの
「マーク屋」での力の発揮振りが今回も如何なく発揮されたように思います。

負けたとはいえ、ブエナビスタの2着は強い内容でしたし驚きました。
それと同時に、こんな競馬が出来るならもっと早くしていれば
牝馬三冠も達成できたんじゃないのか?とも思ったり・・・(笑)
勝ちに行って負けたのだからエリザベスみたいな不完全燃焼でもなかったし、
3着以下には4馬身もつけているので力の違いを見せ付けることにもなりましたし、
これは、レッドディザイアともども来年が非常に楽しみです。
ウオッカ、ダイワスカーレットの2頭の名馬にどこまで近づけるか。
このような名牝2頭が同世代に揃うのは当分無いだろうと思っていたら、
たった2年後にその可能性のある馬が登場するんだからわかんないものですね。

で、かたや残念な結果だったのが6頭で大挙出走した3歳牡馬勢。
故障してしまったスリーロールスは別にしても、
そのほかの馬たちがちょっとふがいなさ過ぎるように思います。
3歳牡馬だけ見たら、いちおう菊花賞の入線順の着順なんですよね、これ。
となると、春の3強で沸かせた馬たちはいったいなんだったのか?
展開に左右されるリーチザクラウンはまだしも、
ここでビリに負けたアンライバルドはさすがに弁解しようがなく、
フサイチホウオー化してしまったと切り捨ててもよさそうです。
フォゲッタブルやセイウンワンダーあたりはまだG2やG3なら
勝てる可能性は秘めていると思いますが、やっぱり1着は高齢馬にさらわれそうかも・・・?


●今日の当たり馬券
中京12R(尾張S)馬連5-11(アポロフェニックス-ヘッドライナー)89.6倍

●収支
投資:6000円
払戻:8960円
収支:+2960円

有馬記念は豪快に外しましたし、阪神は全滅でしたけど、
中京の尾張Sの一発だけで今日の分を取り返しました!
オッズが大混戦でしたし、予想していなかった馬が人気を集めたりしていたので、
思っていた以上に配当がついたような気がして、得した気分です。
ようやく私も、尾張Sが開設されて以来初めて、JRAのネーミングセンスの狙いに応えて
「終わりよければすべてよし」と堂々と言うことができました(笑)。


さて、今年1年の中央競馬が終了いたしました。
有馬記念の結果もそうですし、今年1年の全体の傾向として言えるのが、
有馬で1頭も出走していない4歳勢は論外ですが、1つ上の世代がふがいないので
その分の期待もこめられていた3歳牡馬も、いいところがないまま終わりました。
その結果、といったらこれから挙げる馬に失礼かもしれませんが、
8歳馬のカンパニーにG1を連勝されたり、ウオッカは別格にしても、
3歳勢の最先着が牝馬という古馬混合G1(JC、有馬)になったり、
とにかく若い世代の牡馬のだらしなさが目に付いた1年だったように思います。

来年もこんな調子で続いたら、「史上初の9歳馬によるG1制覇!エアシェイディ」
とかが起きても不思議じゃないようにも思います。
ということで、今から今の2歳世代と、現3歳世代ではマイルで活躍が期待できそうな
あの誰かさんの一口馬に期待することにします(笑)。
しかしその誰かさん期待の一口馬の前走の2、3、4着馬が、今日のファイナルSで
そろって馬券圏外に消えたので、レースレベルに疑問を持ち始め、
その期待も出端をくじかれた気分になったのは内緒です。


今年1年、つたない競馬予想とレース回顧をご覧いただきましてありがとうございました!
ま、とにもかくにも来年もまた競馬でがんばりましょ~
ではでは。

-----
・・・ってよく考えたら、このあと年末までに競馬ネタで最低3つの記事を
書かなきゃいけません(別にいけないことはないんだけど、気分的にね)。
忘れてはいけないので備忘録代わりにメモしておきます。

・「ドリーム競馬」最終回について
・キャロット持ち馬2009年の総括
・「JRA賞で1人しか答えませんでした2009」開催告知

特に最後のは、このブログをご覧の競馬ファンの皆さんにも関係がありそうなので、
事前に考えておいていただけると助かります♪
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-27 21:34 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

2009/12/27 競馬予想「有馬記念」

中央競馬で1年最後のレースの有馬記念。
今年の場合は、G1馬が10頭も出走していますが、
G1を2勝以上している馬がたったの2頭と分散しているせいもあってか、
軸となる馬が見当たらず、オッズ上でも大混戦になっています。
こんなときは好きな馬がいればその馬から買ってみるのもいいでしょう。
ということでこうなりました。

<有馬記念>
◎ミヤビランベリ
○スリーロールス
▲ドリームジャーニー
△マツリダゴッホ
×アンライバルド
☆ネヴァブション

約2年前、京都の500万下のレースを現地で見ていたときに、
ハイペース逃げで3着に残るレース(競り合った人気馬はビリに負ける)を見て、
この馬強いなーと思ったのが最初の出会い。
それからまさか重賞を4勝するまで出世するとは思いませんでしたが、
満を持してG1初出走となるミヤビランベリ。
天皇賞やJCなら狙いづらいですが紛れのある有馬記念のコースなら期待できます。
逃げなくても、おそらく単騎2番手か3番手で先行できれば、
持ち味のしぶとさが活かせると思うので、そういう展開になることに願いたいばかり。
1番怖いのはマツリダゴッホが早め先頭に来た場合ですが・・・

ミヤビランベリ以外で好きな馬は別にいないので(ヲイ)、
あとは公平に判断をして(あとオッズと相談して)選びました。
スリーロールスは大挙出走している3歳馬の中では1番買えそうかなと。
上がり勝負なっても、菊花賞のようなロングスパートのレースでも来れるのが強み。
思ったほど人気していないので、マンハッタンカフェやマヤノトップガンみたいに
菊花賞からの連勝もあるかもしれません。
ドリームジャーニーは天皇賞からここ1本に絞ってきたのが好感が持てます。
中山でならもう少し走ってもいいと思うので押さえておきます。

マツリダゴッホは何だかんだいっても中山では怖いですね。
昨年は「東京で好走から有馬で惨敗」でしたが、今年は一昨年と同じ、
「東京で惨敗からの有馬参戦」なので、実は去年より今年のほうが狙い目?
アンライバルドは秋の2戦をみて成長に疑問符がつくのも確かですが、
G1を勝った中山での舞台とデムーロ騎手でもう一度だけ見直してみます。
大穴ではネヴァブション。
中山得意の馬が東京のG1で惨敗のあとの中山2500m。
なんかこれが一昨年のマツリダゴッホの再現をしてもおかしくないかも。

ブエナビスタはやっぱり中山では買いづらいですね。
これがJCだったら、人気でもまだ買っていたかもしれませんが。
そもそも古馬G1初めて挑戦の3歳牝馬を1番人気で買いたくありません。
リーチザクラウンは菊花賞もJCも自分の競馬をして負けているので、
今のところは力不足だと思います。
今回は展開的にも乗り方が難しそうですしね。

今年最後の大一番。
当たって締めくくりたいものですな。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-26 21:09 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)

こういったところにも不況の影響が出てきているかもしれません

久々に頭ブログの「検索ワードランキング」をいじってみるコーナーをやってみますが、
キタコレというネタがあったので、発表します。
まずはこちらをご覧ください。
●検索ワードランキング 2009/12/1~12/23
順位 検索ワード アクセス数
1位 中京競馬場 改修 66
2位 トライアンフマーチ 14
3位 中京競馬場 改修 13
4位 g1ジョッキー3 2005 8
5位 g1ジョッキー5 6
6位 こういったところにも不況の影響が出てきているかもしれません 6
7位 中之島線 ガラガラ 6
8位 中京競馬場改装 6
9位 ヴィートマルシェの08 5
10位 住所パワー 最低 5

中京競馬場 改修がなぜかダントツでトップなのも気になりますし、
「ガラガラ」とセットで検索される中之島線にも泣けますが、
やはり注目すべきはこれでしょう。

謎の検索ワード「こういったところにも不況の影響が出てきているかもしれません」

何を調べようとして検索したんでしょう、この方たちは??
昨今の不況の影響を調査している方々とか・・・?
そもそもこんな長々としたキーワードは検索ワードとしてどうなの?って気もします。

ためしにググってみましたが、今年3月のある記事に引っかかりました。
というか、記憶のかけらも無かったわ(笑)。
ちなみに厳密にいえば、該当する私の投稿記事は
「こういったところにも不況の影響が出てきているかもしれません」
と、「の」が入るのが正確でした(どうでもええわい!)

気になる方は、勝手に調べてみてください。
そうすればこの検索ワードでのカウント数がまた増えますので・・・
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-24 21:59 | 小ネタ

昼間に気づいたこと

どうやら今日が誕生日だったようです。
mixiのトップページを立ち上げたときに「Happy Birthday!!」って表示されてたので
それでようやく、そういえばそうだったなと気がつきました(笑)。

こっちに引越してきてから何回目の誕生日になるでしょうか、
そして何歳になったかは忘れた(というか考えたくも無い(爆))のですが、
いちおう毎年恒例となっている、自分へのご褒美のケーキを買って帰りました。
b0019221_213428.jpg

毎年この日に会社帰りに立ち寄っている駅前のケーキ屋さんで買いました。。
いつもは2個だけなのですが、今日は奮発して3個買いました。
噂によれば、店員さんがかわいかったから気前よく買ったとの声も・・・?
今日は2つ食べて、残り1つを明日食べることにします。

ケーキ屋で自分の分だけ買って帰る恒例行事も随分長く続いています。
そろそろこの恒例行事も終わらせたいなという気持ちもありますが、
そんな日は来る気配も当分なさそうなので、まだしばらくは続きそう、かな?
うーむ。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-24 21:33 | 日常

歯無しの話

って書いてみたものの、ちょっと無理やりというか強引なタイトルだなと思い、
我ながらセンスの無さを痛感しております(笑)。

-----

今日、お昼ご飯を食べていたら、なにやら小石を噛むような感触が。
食べ物の中に混じっていたのか・・・?
とか思って取り出してみると・・・

差し歯が取れてしまいました。
それも前歯・・・ orz

明日は平日なら定退日で会社帰りに歯医者に寄れるのですが、
祝日で歯医者自体が休みだし、仕方がないので、今日は定時そこそこで仕事を切り上げ、
会社帰りに、以前通っていた歯医者に行ってきました。
ここは予約制なので、当然予約をしていない私は待たされる羽目になり、
1時間近くも待つことに。

ようやく順番が回ってきて、診察してもらうことに。
差し歯はアッサリ詰めてもらったのはいいのですが、
新たに虫歯が見つかってしまいました・・・ orzorz

別に痛みなどは感じないんですがねぇ・・・
まあせっかく見つかってしまったので、治療してもらうことにします。
しかし、今さらながら思いますが、歯は大切にしないといけませんな。
昔に戻れるものなら、ガキのころの私に言ってやりたい気分です(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-22 23:36 | 日常

変える必要あるの?

本馬場入場曲が新たな楽曲に! (JRA)

ええーーーーーっ!
何それ。

2年前に平場と特別競走の本馬場入場曲を変えたときでも、重賞とG1は生き残ったのに。
平場や特別は1日に何回も流れるので、2年も経てば多少は慣れたけど
(それでもまだ以前の(関西の)曲のほうが好きですが)
年間10回ずつくらいしか流れない東西のG1本馬場入場に慣れるまで
どれだけの時間がかかるんでしょうね・・・。
別に変える必要のないところなのになぜ変えるのか、その神経が分からない。

というか「ザ・チャンピオン」の無い関西G1本馬場入場が想像できない。
当然、来年からの関西の競馬中継(競馬BEAT)でも流れないわけでしょ。
新しい曲をまだ聞いたわけじゃないので何とも言えないけど、
あれほどG1前に気持ちを高ぶらせる効果のある曲を新たにできるんかいな。

っていうかね、
こういうのを有馬記念の前にサラっと言うところが実に卑怯。

前もって発表したら抗議が殺到するのが目に見えているからギリギリまで発表を待った、
と思われても仕方ないでしょ、こんな対応では。
関西G1がすべて終わったあとに言われてもどうしろと。
じゃあこないだの阪神JFが本当の意味での「ザ・チャンピオン」の最後だったわけでしょ。
曲を変えるならもっと早く言っておけば、阪神JFなりJCダートで聞き納めを出来たわけで、
また違った気持ちで聞くことが出来たかもしれないのに。

急に発表するもんだから、最終日の摩耶S(中京は名古屋日刊スポーツ杯)で流すという
取ってつけたような対応となり、ある意味では客をバカにしているようにも見えます。
なんで単なる準オープンや1000万のレースがG1扱いなんだよ。
G1レースで流れるからこそ盛り上がれるわけでしょ。
↓これらの馬で盛り上がれというのか、JRAは!?(笑)

-----
摩耶ステークス 第1回特別登録 26頭
アルトップラン 57.0
アートオブウォー 57.0
ウインプレミアム 57.0
カネトシコウショウ 56.0
ケアレスウィスパー 55.0
コパノスケ 57.0
サザンビューティー 55.0
サラトガ 55.0
ショウサンウルル 54.0
シーアクロス 57.0

スガノメダリスト 56.0
スタッドジェルラン 56.0
ストーリーテリング 55.0
セイウンプレジャー 57.0
セレスダイナミック 57.0
ダイイチミラクル 57.0
ダイワプリベール 56.0
タマモグレアー 57.0
ナイジェラ 54.0
バトルサクヤビメ 55.0

ファイナルスコアー 57.0
プリモローズ 54.0
ペルルノワール 55.0
メガリス 57.0
メトロノース 56.0
ワーキングウーマン 55.0
-----

とりあえず流しておけば喜ぶだろうという発想が、もうあきれるばかり。
[PR]

by anden25138303 | 2009-12-21 23:45 | 競馬(ニュース/その他)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー