2006年 04月 10日 ( 1 )


4/9(日)の競馬成績+桜花賞回顧 in阪神競馬場

●購入レース
阪神1~12R
中山11R
福島11R
計14レース

今日は今年のクラシック競走第1弾の桜花賞。
桜花賞の日はレースも楽しみですが、阪神競馬場の桜が楽しみで毎年行っています。初めて行ったのが2000年のチアズグレイスが勝った時で、それから毎年来ていますので、今回で7年連続7回目の桜花賞参戦になります。

今年はいちおうはアドマイヤキッスが人気の中心を集めていますが、他にも狙いたい馬や伏兵馬もたくさんいて、去年のラインクラフト-シーザリオのように堅くは収まらないだろうなあ、ということに期待しつつラッシュライフなどを狙っちゃったりなんかして。

●桜花賞 結果
1着 キストゥヘヴン
2着 アドマイヤキッス
3着 コイウタ

フラワーCの勝ち馬キストゥヘヴンが、前走同様に鋭く外から伸びてきて、見事優勝。
この馬は馬体重が418キロと小柄だったので、今の時計のかかる阪神の芝は向いていないかなと思って軽視していたのですが、ちょっと実力を侮っていたみたいです。最終追い切りのキャンターにも騙されてしまいました(笑)。この馬場でただ1頭34秒台の脚で上がったように、実力は予想以上にあるのかもしれません。

アドマイヤキッスは、この馬の実力は出し切ったと思います。今日は相手が1枚上だっただけでしょう。ただ体重が14キロ減っていたことから、ここで100%の仕上げに持ってきたことが伺え、オークスの頃には果たしてお釣りがあるのかな?といったところで、ちょっと次は割引でしょうか。コイウタも力を出し切っているでしょう。健闘したほうだと思います。この馬はさすがにオークスは長そうで、NHKマイルCに向かうかもしれませんね。

2番人気フサイチパンドラはモロに外枠の影響を受けた感じで、好位につけるのにかなりの脚を使ったために、最後は脚を無くしてしまいました。3番人気テイエムプリキュアは、スタートは普通だったのに2完歩目が異様に遅かったですがあれで完全にレースの流れに乗れないまま終わってしまいました。しかしあの遅さはなんだったんだろう?

混戦と言われた今年の桜花賞でしたが、終わってみれば前走重賞勝ちが1~3着。またジョッキーもアンカツ、武、ヨコテンと、G1での常連ジョッキーが占める結果に(しかもそのあとに続くのもヨシトミ、岩田と、東西のリーディング上位騎手が独占)。混戦と思われるときは結局は騎手から買えばいいんでしょうかねぇ。個人的には、G1常連ジョッキーばかりではなく、G1で人気馬に乗るチャンスなど少ないであろう、熊ちゃん、角田、長谷川といった騎手あたりにも頑張ってもらいたかったのですがね。


●本日の当たり馬券
阪神10R(梅田S)3連複2-3-6(スーパーチャンス-スカーレットベル-ラッキーブレイク)6.5倍

●収支
投資:6100円
払戻:650円
収支:-5450円

なんじゃこりゃ。
高松宮記念に続き、競馬場では惨敗。かろうじてオケラを免れているだけにすぎません。
しかも今日は阪神最終レースで1,2着馬軸の3連複買っておきながら3着が抜けで3連複180倍を取り逃がすし。せめて馬連だけでも押さえておくんだったよ、50倍以上ついているのに・・・orz
大負けだった上に最終のこの結果で、しばらくは立ち直れそうにありません(笑)。
[PR]

by anden25138303 | 2006-04-10 23:41 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー