2006年 07月 30日 ( 1 )


7/30(日)の競馬成績+重賞レース回顧+α

●購入レース
小倉7~12R
新潟9~12R
函館9、11R
計12レース

今日の重賞は小倉記念。
メイショウカイドウが3連覇をかけて挑戦してきましたがトップハンデの59.5キロ。これがどう出るかですが、小倉なら多分61キロくらい背負っても負けないかな?と思って軸にしたんですけどねぇ。

●小倉記念 結果
1着 スウィフトカレント
2着 ヴィータローザ
3着 ニホンピロキース

半年振りの競馬だったスウィフトカレントがレコード勝ちで重賞初制覇。
道中は最後方を追走していましたが、徐々に進出しポッカリ開いたインコースを上手く突いてきました。休み明けでレコード勝ちは立派ですけど、絶対次走で反動出そう・・・

今日はメイショウカイドウ、コンゴウリキシオーといった人気馬が前々での競馬をしたためかハイペースになり、その結果、道中後方にいた3頭が3着までに入るという珍しい結果に。ニホンピロキースなんて思いっきり出遅れていたのに3着に届くんだからよっぽどハイペースだったんでしょうね。


●本日の当たり馬券
小倉9R(響灘特別)複勝7(グランドサファイヤ)19.7倍
小倉12R(筑紫特別)単勝11(ポイントセブン)11.5倍

●収支
投資:3200円
払戻:3120円
収支:-80円

あとちょっと(笑)。
調子に乗っていつもより余計に新潟のレースに手を出してたのがいけなかったな・・・
昨日の言ったとおりのことになってます(笑)。
まあ小倉が徐々に当たるようになってきたのがせめてもの救いか。

それにしても小倉ダート1700の1000万条件は開幕週から3週連続で荒れに荒れています。
人気のないほうから買ってりゃ当たりそうな状況ですね・・・
おかげでいい配当の複勝が取れました。

-----

話は変わりますが、キングジョージのハーツクライ、惜しい3着でした。
いったんは先頭に立ち、「勝てるのでは?」と一瞬思ったのですが、
残り100mでハリケーンランとエレクトロキューショニストに差し返されてしまいました。

これが日本の競馬だったら先に抜け出したハーツクライの勝ちパターンだったんでしょうけど、
さすがに世界最強レベルの馬は底力が違いますね。
ムチの入れられ方も凄かったけど。
日本であそこまで追えるジョッキーはいないんじゃないかってくらい凄かった。
なんだか「絶対に勝つ!」っていう執念があそこまで追わせるんでしょうかって感じです。

これで負けたらハーツクライも仕方がないでしょう。
日本の最強レベルの馬だと充分世界に通用するということが分かっただけでも
今回の僅差の3着は収穫のあった一戦だと思います。

って思っていたら、こういうことになっていたようです。。。
【キングジョージ】ハーツクライ大健闘!叩き合いの末3着(サンケイスポーツ)
★スミヨン騎手、ムチ多用で騎乗停止
キングジョージは最後の直線でのムチの多用により勝ったハリケーンランのC・スミヨン騎手は英国競馬で6日間の騎乗停止。2着エレクトロキューショニストのL・デットーリ騎手は戒告の処分を受けた。

[PR]

by anden25138303 | 2006-07-30 20:47 | 競馬(予想/馬券成績/回顧)
line

やっさんです。以下のカテゴリについて、感じたことなどを管理人が気が向いたときに書いていく、いいかげんなブログです。  なお、記事と関係のないコメント/TBは独断で削除することがありますがご了承ください。


by anden25138303
line
カレンダー